「セイボリータルト」の生地を焼いてみました。トップバリューの「ビーガンチーズ」をトッピングしたタルトを試食。

広告



「コッタ」で買ったタルトの「抜き型と押し型」を使ってみました。

セイボリータルト生地作りは、「デフォルトの失敗作」。

分量のオイル、オリーブオイルの量を減らしたのが、まず間違いでした。

そして、生地をフードプロセッサーで作れば。

手でこねるより完全に早い。

手抜きをした。

まとめた生地には、水分量が少なくて。薄く伸ばせなかった。

本来のレシピよりもオイルの量を減らしたので。

水分が足りない。

イメージの倍以上厚い生地。

すでに生地を「まとめてしまった」ので。

そこからでは、「失敗の挽回はできない」と判断。

無理やり伸ばした生地を。

仕方なく型に入れて。

フォークでピケ、生地に穴を開け。

「重し」などせず。

予熱したオーブン。

180℃で、「トータル20分弱」。

生地が厚いので、多めの時間設定で焼きました。

焼き上がりも、かなり分厚い生地。

卵を塗っていないので、白っぽい。

タルト生地作りに、「コッタ」cottaの「押し型と抜き型」は便利です。

生地の焼き上がりに不満はあっても。

ラッピングストア(コッタ cotta)で買った「押し型と抜き型」はかなり便利。

「生地をぬいて」、「型に入れて押すだけ」で簡単。

作業時間も短縮できたし。

見た目も「タルトのカタチ」としては、合格。

いい感じ。

ビーガンチーズのセイボリータルト。

予熱したオーブン180℃で。

10分程度。

タルト生地にビーガンチーズ。

今お気に入りの、トップバリューの「ビーガンチーズ」を入れて焼きました。

チーズ表面は、「焼き色がつかず」に少し乾いた状態。

食べてみると。

中のチーズはとろけて。

ビーガンチーズのセイボリータルト。

バッチリのマッチングです。

ここに自家製のイタリアンパセリで香りと色をトッピング。

そして、表面に焼き色、香ばしさをプラスする新たなアイテム。

今日届くはずだった「クッキングバーナー」で「炙り料理」。

イワタニ カセットガス クッキングトーチバーナー CB-TC-CKGR

created by Rinker
Iwatani
¥2,900 (2021/10/18 23:09:20時点 Amazon調べ-詳細)

ラッピングストア(コッタ cotta)

広告