WordPressのブログ。個別の記事で「No Index」を使うテスト用の記事。

広告



車検から帰ってきてから2週間が経過したアクセラスポーツ。

ヘッドライトのトラブルが発生。

アクセラスポーツ。

ほとんど問題がなく、車検から帰ってきてから2週間程度。

夜間の走行中に。

雷の光のような。

発光もしくは、光が途切れる。

ウインクのような感覚。

数日間、数回は気のせいかと思っていたけど。

走行中のライトが、なんだか暗くて。

光が欠けている。

ランプを確認すると。

点灯していない状態。

単純に玉が切れたのか?ユニット不良なのか?。

ヘッドライト、ロービームがつかない車。

原因は「玉切れだけではない」らしい。

ヘッドライトの「球が切れた」だけ。

「電球を交換すればいい」のかと思ったら。

「電球を変えるためには」、この車は。

「バンパーを外さなくてはいけない」。

簡単に電球交換はできず。

おまけに、交換部品の 「LEDの電球」は、「高額」。

LEDの電球一個で、1万円を超える値段。

以前も、同じようにヘッドランプがつかなくなった現象。

そのときは、単純に玉が切れたのではなくて。

ユニットの不良。

「前回とは違う現象」なので、「電球の交換で済む」と思う。

期待値。

かなり希望を含めた「個人的な感覚」だと。

「ユニット」がおかしくなったときとは違う現象。

以前は、「まばたき」をしたような。

そして、「雷のピカピカ」したような。

「光が途切れる」感覚はなく。

前兆がない。

気づかないくらいだった。

クルマ屋さんでも、原因はすぐにはわからない。「電球の良、不良を判断する方法、道具」はないのかな?

車屋さんに相談に行くと。

つかなかったライトが、点灯している。

球切れでの現象に多い事例だということだけど。

ユニットが悪いのか?

単純に弾切れなのか?

判断できないとのこと。

原因究明の方法。

アイディアを伝えて。

後日不具合の原因究明、解決のために。

車をあずけることにしました。

「電球の良、不良を判断する機械」。

方法は、ないのかな?

この記事をワードプレス「No Index」扱いのテスト。

いろいろアップデートしてからしばらく。

「No Index」の方法がわからなかったので。

年単位で改善せずに放置。

今回のこの記事で再度。

ワードプレスの個別記事「No Index」扱いのテストをしてみました。

「Robots Settingのデフォルト」を外して。

設定ができるらしい。

テストなので、うまく行くかはわからないけど。

この設定、選択の画面。

間違いはないはず。

広告