トップバリューの「ビーガンチーズ」。餃子の皮に包んで「チーズ餃子」を焼いてみたら、かなりの美味さ!

広告



「豆乳とココナッツオイルからつくったまろやかシュレッド」。

餃子っぽいモノのを食べたいなと思って。たまたま包んだビーガンチーズ。

餃子の皮で、料理の試作。

オーブンで皮を器にしてみたかったのと。

餃子っぽいものが食べたい気分。

スーパーで餃子の皮をカゴに入れて。

何を包むか?

ウロウロ探していると。

お買い得の商品を発見。

ビーガンチーズ。

「豆乳とココナッツオイルからつくったまろやかシュレッド」。

以前、「豆乳ヨーグルトとココナッツオイル」を使って。

ビーガンチーズを試作。

作ってみたことはあった。

でも、「市販のビーガンチーズ」は食べたことがなかったので。

ちょうどいい。

これを餃子の皮で包んで焼く。

「チーズ餃子」にしてみることに決めた。

鉄のフライパンで焼きました。

ひだを作って成形する、普通の餃子はできないので。

皮の中央にビーガンチーズをのせて。

ふちに水を塗ってから皮を閉じて、フォークでおさえるバージョンと。

ふちを折ってイタリア風の2種類を作った。

IH調理器対応の「鉄のフライパン」で、こんがり焼けました。

まさかの美味さ!「パリッ」っと「トロッ」のハーモニー。

見た目はイタリア風のほうがいい。

食感としては。

折らないバージョンのほうが。

「皮のパリッ」とした感覚がより楽しめる。

そして、まさかの美味さ。

具材、中のビーガンチーズは。

塩味はあるけど、甘めで、苦味がないチーズ。

「パリッ」っと「トロッ」のハーモニー。

おそらくビーガンチーズ。

「豆乳とココナッツオイルからつくったまろやかシュレッド」が。

かなりいい味を出している。

オススメ食材。

広告