土地勘のない目的地へ。「カーナビなし」で順調にたどり着くことができるか?

広告



農機具を買うと、「営業所」止めが多い。

「軽トラックに乗るくらいの農業機械」は、「運送会社の営業所止め」。

今回が2回目。

前回は、「耕運機」。

今回は、「スパイダーモア」。

両方とも、ネットで買った機械。

ある程度の大きさ、重量。

軽トラックに乗るくらいの機械は。

宅配便のように「家に直接届けてくれない」。

「運送会社の営業所止め」が多いらしいです。

「運送会社」と「宅配業者」は、また違う。

同じような「物流業者」。

モノを運搬しているように思えても。

「運送会社」と「宅配業者」は、違う。

営業所止めというから。

近くの「宅配業者の営業所での受け取りができるのか」と思っていたら。

数十キロ離れた、「知らない運送業者」で機械の受け取り。

運送業者の営業所に、商品を受け取りに行く。

「カーナビって便利」ですね。カーナビはなんで通信料がかからずに使えるのか?が不思議。

昔は、紙の地図があるから。

「カーナビなんていらない」と思っていたけど。

使っていると、かなり便利。

特に田舎では頼れる存在。

必須といってもいい。

乗用車には、ナビがついているけど。

もともと、「長距離の走行」。

「知らない目的地」へいく予定のなかった「ボロい軽トラック」。

もちろん「ナビがない」この軽トラで。

「知らない田舎の道路」。

「土地勘のない目的地」へ行かなくてはいけないことが、たびたびある。

スマホの地図で検索、経路を確認。

知らない道路なので、やはり覚えられない。

紙に「目印のメモ」をしたけど。

適当な、この地図では。

順調に目的地にたどり着けるかは、不安。

でも、スマホがあれば、現在地がわかるので、なんとかなる。

「ドキドキドライブ」。

スマホの地図、ナビを使うと通信料がかかるはず。

カーナビは、「なんで通信料がかからずに使えるのか?」が不思議。

軽トラにもナビが欲しい。

広告