「イチジク」を栽培してみることにしました。苗を購入。

広告



自然栽培「樹木、果樹シリーズ」に「イチジク」を加えることにしました。

「イチジクの苗」を購入しました。

買った苗木に実がなっています。

イチジクは、今頃が旬。

3本、2品種だけですが。

「イチジクの苗木」を購入しました。

何でみたのか、感じた?のかは忘れたけど。

「イチジクを栽培」してみたくなった。

何かが降りてきた。

冬のみかんのように。

一般的、「普通に食べる果物ではない」けど。

そのまま青果として食べられる上に。

乾燥させてワインのお供。

タルト、スイーツに使える。

短い期間の「旬がある」というのも魅力。

栽培する作物の取捨選択。

「野菜」だけではなく。

「果樹、樹木の栽培」も多少しているわけですが。

実際に栽培してみると「実が採れる」としても。

栽培から収穫。

トータルの「手間」の問題で。

一度に収穫できない。

そして、「粒が小さく」て。

毎日、少しづつの「収穫作業で時間がかかる」。

「数を揃えないと単価が上がらない作物」は。

これ以上「栽培面積、本数を増やす」のは、とりあえずやらないことにする。

「栽培をやめる」のではなくて、「畑に植える」のをやめる。

「ブドウの短梢仕立て」のように枝をつくればいいらしい。

イチジクの枝の作り方。

仕立ては、「ブドウの短梢仕立て」のようにすればいいらしい。

ブドウの栽培。

ワイン醸造目的のブドウ栽培は、「必ずしもうまくはいっていない」けど。

仕立て方は、同じ、応用ができる。

そして、「キウイ」も剪定方法は、「ブドウ」に似ている。

なお、キウイフルーツの追熟、甘く、柔らかくする方法。

https://billiesmarket.net/2019/12/20/キウイフルーツ。追熟剤を使って美味しく熟しま/(新しいタブで開く)

created by Rinker
葡萄館
¥1,190 (2021/09/23 01:18:31時点 Amazon調べ-詳細)

樹木の剪定。栽培に関しては、機械化、効率化。省力化ができる。

充電式の剪定ハサミ。

試しに使ったら。

トリガーを引くだけで。

硬い「篠竹」も「簡単にカット」できた。

モーター音が「旧ロボット的」な、好きな音。

「栽培」、「農作業」の「仕事の効率化」は、機械化によって。

省力化していくことができる。

多用途草刈機 SP431F OREC オーレック
価格:210638円(税込、送料無料) (2021/8/29時点)楽天で購入

広告