購入した「レトロな中古のトラクター」。「1987年製」は「出荷前の整備、調整中」。「マニュアル」や「メンテナンスガイド」などの書類が届きました。

広告



購入したのは「昭和のレトロなトラクター」。

「1987年」は歳下。

「干支」は、「ひとまわり」以上違う。

「ジェネレーションギャップ」。

普通に考えれば、「就農」。

農業を始めるなら。

「農作業の機械は新しいほうがいい」。

修理の面。

「部品の手配」や「メンテナンスのしやすさ」。

昔よりも改善されている面が多いらしい。

修理屋さんに嫌な顔をされない。

でも、新しい機械。

農作業の機械、新品は。

高級な乗用車並みの価格です。

普通に考えれば。

できるだけ、「出費を抑える新規事業」「スタートアップ」。

「新規就農者」に「新品の農業機械」。

「テスラ」のクルマが買えるわけがない。

修理屋さんには嫌がられる。

でも「カッコいい中古のレトロな」。

「昭和」製造のトラクター」を買いました。

「中古農機具のいいお店」を見つけました。

中古の機械は「故障」「みえない出費」の心配と。

「新車は買えない」を解決。

「中古農機具のいいお店」を見つけました。

こちらのお店。

https://chuko-noki.com

「中古のトラクター」を注文、購入。

支払い済み。

ネット上で、「似た機械、機種」を探して。

「購入の比較、検討」をしていたのですが。

購入した決め手は、「売りっぱなしではない」こと。

「重量運搬物の運送費」が相当な「金額かかる」のだけど。

「中古農機具の購入」としては「初期整備、整備」をおえてから販売、出荷するお店。

さらに、「納品後のアフターケア」。

そして、「納品前のケア」。

普通の中古農機具のお店とは違う。

「マニュアル」「メンテナンスガイド」など。「書類」が届きました。

買ったトラクターは。

販売、出荷前の「メンテナンス、調整中」。

見た目。

外観、塗装に関しては、オプションだとしても。

農作業としての機能。

「仕事、農作業の道具としては不備がない」ように。

出荷前に「点検、整備」をバッチリ。

「メンテナンスがされた状態」で、納入してもらえる「安心感」と「アフターケア」。

例え「見た目はレトロ。ボロくても」。

「仕事ができる機械」に仕上がって納車されるはずです。

「整備中のトラクター」。

機械が届く前に。

「機械のマニュアル」と「作業の安全に関する」。

そして「整備、メンテナンスのマニュアル」。

「書類が送付」されてきました。

たまたま偶然。

ネット上で見つけた、出会ったお店なのですが。

「電話」で話しても丁寧な対応。

「中古の農業機械」を探している、買うなら。

こちらのお店での「購入」検討を「オススメ」します。

https://chuko-noki.com

完全に正解です。

必要なタイミングで「農機具、作業機械」が「納入」されるか?が問題。

「タネをまく時期」までに購入した「トラクター」の「納入、納品」が間に合うか?

ウチの場合。

2021年「夏、秋まきのタネ」。

トラクターがないと。

買った機械が間に合わないと。

「種まき、栽培」。

「収穫」は、無理。

相場をチェックしておくのも必要。

農機具、機械が欲しくても。

「金銭的な問題」、「タイミング」。

「栽培上のリミット」があって「経営上、経済的」に買えない。

もしくは、「導入できない」可能性がある。

「機械」を「完全に使わない」という。

固執した信念で農業を始める、始めた人もいるけど。

自分個人的には。

できれば機械化。

「農作業、仕事をしなくていい仕組み」を作りたい。

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。