「フードプロセッサー」でこねた「カプートの粉」を使ったピザ作り。電気のオーブンだとなんだか物足りない。

広告



「Ooni Pro ウニプロ」欲しいですね。

created by Rinker
uuni / イギリス

この釜。

燃料には、「マキ、木質ペレット」などの直火が使える。

ガスは、本体には対応しているけど。

「日本では使用できない」らしい。

釜の温度は、「500℃」まで上がってピザなら約1分で焼き上がる。

そして持ち歩ける、ポータブル。

小さい機種もあるけれど。

使える燃料がOoni Pro ウニプロよりも限られているので。

欲しいのはやはり、Ooni Pro ウニプロ

フードプロセッサーを使ってこねた生地でピザを焼きました。

生地をこねる作業は、フードプロセッサーでほんの一瞬。

すぐできるし、手が汚れない。

使った粉は、カプート。

イタリアの粉。

電気のオーブンで焼いた。

自家製、無肥料自然栽培のハーブ。

「イタリアンバジル」と「イタリアンパセリ」をトッピング。

彩りのよさだけではなく。

フレッシュハーブの存在感。

これがあるのとないのでは大違い。

かなりいいです。

生地、粉の感じは、「サクサク」「モチモチ」どちらの食感でもなかった。

「こねる時間が足りなかった」か。

もしくは、生地を作ってから、「冷蔵庫で数日間置いていた」ので。

「ラップをかけて保存」をしていたけど。

「生地の表面が少し乾燥」した状態になっていた。

この状態の生地を使ってのテスト。

とりあえず腐ってはいなそうだったので。

生地を使う、食べることにした。

電気のオーブンでは、物足りなさがある。

電気のオーブンで250℃で数分。

焼けた生地は。

「存在感はある」のに、「軽い」。

「どちらかの食感」を予想していたのだけれど。

「サクッ」でも「モチっ」でもない。

再度、あまった生地。

オーブンを「230℃」に設定して「10分焼く」。

出来上がったピザを食べると。

温度、焼く時間の設定は。

230℃の「低温で時間をかけたほうが」いい。

生地が締まった感じがする。

200gの粉を使ったピザを一度に食べた。もの足りないとはいっても美味しかった。

趣味で作るならいいけど。

別の目的。

商売に向けたテスト。

「焼く時間」はできるだけ「短縮したい」のと。

電気のオーブンで焼く生地は、「物足りなさ」。

「火の味、焼いた香り」が欲しい。

そこで、直火が使える、高温のOoni Pro ウニプロを使ってみたい。

でも「気軽に買える値段ではない」。

created by Rinker
uuni / イギリス

広告



記事がよかったら。SNSのアイコンをポチッとお願いします。