暗号通貨の「シンボル」で作物の販売、決済をする計画。

広告



「シンボルウォレット」と「NEMHUB」のアカウントを作成しました。

野菜、作物の販売。決済に暗号通貨「SYmbol」を使ってみる計画。

Symbolって何?

ブロックチェーンの技術を使った暗号通貨。
日本の通貨の単位は「円」に対して。
「Symbol」は「XYM 」。
「NEM」「XEM」がハードフォーク。
分岐した新しい暗号通貨。

難しいので、認識がいろいろと間違っているかもしれない。

シンボルの普及、貢献による「ハーベスト」という仕組み。

「Symbol」。

「シンボルのハーベスト」という仕組み。

シンボルに関する「タスクの仕事」をしたり。

この「シンボルの普及活動」。

広めることによって。

その働き、貢献度によって。

「XYM」を付与される「ハーベスト」という仕組みがあるらしい。

栽培した作物のハーベスト。

収穫物の販売だけでなく。

以前から興味があった、使ってみたかった暗号通貨。

タイミングが来たので。

本格的に「Symbol」で決済と。

副次的に「ハーベスト」によって「XYM」を増やせれば。

使える通貨が増える可能性。

「NEMHUB」と、「SymbolWallet」の「アカウント作成」ができました。

普通の人よりはパソコン。

「ソフトの設定」には慣れているとはいっても。

新しい技術。

情報が断片的なので。

少しずつ調べながらの設定。

ちょっと難しい。

ひとまず。

「NEMHUB」と。

「SymbolWallet」。

アカウントの作成はできました。

XYMの保有率が少ないので。

連携は、まだできていません。

「Zaif」で「XYM」の購入。金融機関で入金予定。

「Zaif」で入金。

オンラインの「送金」ができなかったので。

「金融機関のATM、もしくは窓口」で「日本円」を入金しなくてはいけない。

http://zaif.jp

この入金が終われば。

「NEMHUB」と「SymbolWallet」の連携ができるはず。

普及率の低い暗号通貨の扱いは、「問題点もある」。一方で、「地域で使える」ようにすれば。

暗号通貨は、まだ新しい技術。

価格の変動。

新しい暗号通貨が増える可能性。

税金の問題とか。

設定や、管理の難しさ。

問題点はある。

その一方で。

この暗号通貨。

「Symbol」を地域で使えれば注目。

新しい客層にリーチできる可能性。

ブロックチェーンを使った技術。

他の地域に先駆けた試みができる。

アナログで、ウイルスを蔓延させる「紙幣、貨幣」。

そして、お金の代わりの商品券。

商品券を作る、配る「無駄な労力、費用や時間」もいらない。

何よりも。

こんな田舎で「暗号通貨」。

「Symbol」が普及したら面白そう。

広告