ニンジンのタネをまきました。「機械と道具」があればもっと「効率化、省力化」できる作業。

広告



ニンジン。夏の種まきの時期。

春にタネをまいたニンジン「ラブリーキャロット」は収穫期。

品種は、「ラブリーキャロット」。

味は、もちろん。

名前の通りにカワイイ「見た目」と。

煮物などには、丸ごと使える「調理時間の短縮」。

そして、料理としてニンジンを丸ごと一本使うもの大変。

分量、「量的な調整も簡単」。

材料が無駄にならない。

栽培する側としては。

「掘るのが楽」なので。

「収穫作業の省力化」ができる品種。

すでに、次期作。夏のニンジン。種まき時期です。

「夏のニンジン」。

種まきを終えました。

ニンジンは、タネをまいた後の仕事が細かい。

でも、春の栽培よりは、「草管理が楽」なイメージ。

今シーズンの「ニンジン」は、「2品種」を栽培。

今までで一番多い種まきの数。

春に栽培、管理をした感覚から。

作業が間に合いそうな播種量、栽培面積。

播種機の「ごんべえ」でタネをまく作業は簡単。

かなり楽だけど。

created by Rinker
農業屋
¥48,400 (2021/09/23 21:56:16時点 Amazon調べ-詳細)

タネをまく前には。

念のため、「たがやすパワー」。

発芽直前の草を抑える目的で。

中耕除草機で、土を動かしておく。

created by Rinker
向井工業
¥22,000 (2021/09/23 06:49:14時点 Amazon調べ-詳細)

雨が少ないと土が乾燥。

土が軽いので、潜ってしまうので重い。

水分が多い時期は、表面の土自体が重い上に、道具に付着する。

水分があっても、なくても。

おまけに暑いので。

わりとこれが大変。

手作業で中耕除草をするよりは。

全然早くて、楽。

「作業の効率化ができた」とはいっても。

やはり人力。

もっと農作業の効率化は、できる。

よく考えると。

こんな手作業、アナログな仕事は。

トラクター、もしくは。

乗用の耕運機があれば。

耕運しながら、シーダー。

播種機のアタッチメントをつけて作業をすれば。

暑い中、息を切らして作業をする必要がない。

「労力や、作業時間が短縮できる」だけではなく。

その分の「時間を他の仕事に配分」ができる。

「お勉強の時間」も増える。

created by Rinker
¥2,970 (2021/09/24 01:01:01時点 Amazon調べ-詳細)

広告