「イタリアンパセリ」が採れはじめました。フレッシュハーブは、「量り売り」ができないかな?

広告



「イタリアンパセリ」が収穫サイズに育っています。

かろうじて畑に植え付けた作物の苗「イタリアンパセリ」。

今シーズンの夏野菜は。

いろいろな「トラブル」で。

せっかくタネをまいて育った苗。

育苗した苗は、植えつけしていない。

「できなかった」ものがほとんどで。

すでに、もう使えない。

その中でも、かろうじて畑に植え付けた苗。

作物のひとつが「イタリアンパセリ」。

一年草だけど。

段階的に、ある程度の期間、「長期的な収穫」ができるので。

夏野菜よりも。

「イタリアンパセリ」の植え付けを「優先」。

それでも、タイミング的には遅かった。

イタリアンパセリは、「蝶」の食害を受ける。

「イタリアンパセリ」を畑に植えると。

ほぼ、アゲハ蝶。

幼虫によって「食害を受ける」はず。

その覚悟をしていたのだけど。

今シーズンは、「食害、被害」がまったくなし。

「植えつける時期が遅い」と。

「蝶の生育サイクル」と合わずに。

いいのかも、と勝手な想像。

一般家庭では、料理に「フレッシュハーブ」は、使わないはず。

「認知されていない商品は、売れない」はず。

数種類の「ハーブ」を栽培、販売。

お店に「ハーブ」を出品すると「売れる」ことがある。

「ハーブが売れる」のは、予想外。

どんな人、お客さんがハーブを買うのか?

何に使うのか?

興味があるのだけど。

「直接販売をしているわけではない」ので、追えない。

一般的に「フレッシュハーブ」はまだ「認知されていない」はず。

知っていて使うとすれば。

「イタリアンバジル」、「ローズマリー」「ミント」あたりかな。

一部の「料理好きの人」が使うことはあるとしても。

普通の家庭で、食べる人がいるのは。

「驚き」とともに「うれしい」。

「フレッシュハーブ」の需要は、増えていくのでは?

「料理に使う」としても、「量」はそんなに必要ない。

単一よりも、ミックスして使いたい人もいるはず。

だから、店頭で。

フレッシュハーブの「量り売り」ができないか?

考えてはいるけど、ディスプレイの方法。

売り方。

手間もかかるし。

まだ具体策が浮かばない。

店頭ではまだ、難しいかもしれないけど。

解決策、アイディアのひとつが、「畑での直売所」。

直売予定の畑では。

「ハーブ、エディブルフラワー」をメインに。

少量使う作物。

摘んで買える、使える畑。

世代的にはハーブを「調味料や、お菓子」などで間接的に口にしている可能性がある。

昔は、ハーブなんてなかった。

手に入らなかった。

でも、売れているか?は、わからないけど。

今では、スーパーマーケットでも店頭に売っていて。

手には入りやすい。

予想以上に認知され始めているのかもしれない。

そして、「ドライ」、「乾燥したハーブ」を。

「調味料や、お菓子」などで。

もしかしたら間接的に、口にしている可能性はある。

この味になれていれば。

「フレッシュハーブ」の需要も増えていくのでは?

料理に「ハーブ」を使うなら。

「ドライ」より、「フレッシュ」。

フレッシュなハーブは、乾燥したものとは「別物」。

そして、ハーブを使い分ければ、余計な調味料もいらない。

広告