今シーズン諦めていた「ジャガイモの収穫」。掘ってみると「予想以上に出来がいい」。

広告



カラスの食害、霜、イノシシに荒らされた今シーズンのジャガイモ。

2021年のジャガイモ栽培、予想外の出来の良さ。

今シーズンは、「ジャガイモの収穫はできない」と思っていた。

植え付けたジャガイモ。

種イモがカラスの食害にあって。

5月の頭に霜。

近所ではウチだけ。

寒さで葉っぱが枯れた。

その後、イノシシがワイヤーメッシュの防護柵。

柵を突破して。

ジャガイモの株の根元を掘られた。

これらの3つの被害。

最後のイノシシによって全滅。

今シーズンは、「ジャガイモの収穫は、無理だろう」と。

さっきまで思っていた。

ジャガイモを植えている畑のそばで。

他の作業をしていて。

どれだけダメになったのか?

なんとなく、掘ってみようかな。

なんと、予想以上の出来。「キタアカリ」は、今までで一番大きいかもしれない。

味の「キタアカリ」。

収穫量の「メークイーン」。

このイメージでここ数年間は。

これら「キタアカリ」と「メークイーン」の2種類の品種を栽培。

なお、種イモは。

昨年、自家栽培して保存をしておいたジャガイモ。

「自家採種の種イモだと大きくならない」と聞いたこともあって。

影響があるのではないか?

そして植えた、使った種イモも。

基本の、大きいサイズを「数個に切って植えた」ものと。

切らずに植えるとどうなるか?

「3センチくらいの小さいイモ」をそのまま切らずに植えた。

2021シーズンは、「イモの気持ち」になって植えた。

数年間ジャガイモを栽培していて感じていたこと。

「イモの気持ち」になって。

今までとは違う栽培方法。

植えつけに工夫をした。

「栽培の工夫」が結果的によかったのか?

それとも偶然なのか?は今シーズンでは答えが出ない。

また、来年同じように栽培してみることにする。

とりあえず今シーズン。

2021年のジャガイモ。

掘ってないけど。

「いい感じ」で出来てます。

広告