イタリアの粉。「CAPUTO(カプート)サッコロッソクオーコ1kg」を買いました。これで美味しいピザができるかも?

広告



理想のピザ生地を作りたい。

ピザといえばイタリア。

本場イタリアの粉。

「カプート」の粉を使ってみることにしました。

created by Rinker
CAPUTO(カプート)
¥463 (2021/06/14 12:37:59時点 Amazon調べ-詳細)

グルテンの量ではなく、粒子の大きさで区別されるらしい。

今まで何度か。

オーブンを使ったピザを作ってみました。

具材は合格点でも。

生地のイメージがどうも違う。

レシピ、分量?

もしくは材料は、自分の料理の技術が問題なのか?

理想のピザ。

生地が出来上がらない。

そこで、一つの解決策。

可能性として。

本場イタリアの粉を入手しました。

日本ではパンやピザを作るには強力粉を使いますが。

強力粉を使うことになっている日本の。

ピザ生地のレシピ。

実は、ピザの本場イタリアでは。

ピザやパンを焼く材料として。

強力粉でなくてもいい。

強力粉、小麦粉。

どちらでも。

麦の粉なら、なんでもいい。

イタリアでは。

グルテン含有での区別ではなく。

ひかれた粉。

粒子の細かさ、大きさで区別されているらしい。

イタリアの「そこにあるものを工夫して使う」姿勢。

地元の美味しいものを現地で味わう風景。

自分の理想、イメージが地元の食材。

美食の町。

その理想のための根本、基本となる農業。

自然栽培での作物栽培を始めた。

外国の食材を使う矛盾は自分でも感じますが。

まずは、使ってみてテスト。

ヒントを得る。

「そこにあるものを工夫して使う」姿勢もカッコいいけど。

「いいものは何でも取り入れる」のが現代的。

より美味しい。

広告