2021年シーズン「ジャガイモ」を植え付けました。昨年、イモを「手掘り収穫」していて、なんとなく「イモの気持ち」がわかったような。新しい植え付け方法を試してみる。

広告



2021年シーズン「ジャガイモ」の栽培。新しい植え付け方法を試してみる。

毎年イモは、手堀りの収穫。

だいたい作業が間に合わず。

すべてのイモは掘り出せずに終わる。

昨年、「ジャガイモ」や、「さつまいも」。

芋の「手掘り収穫」していて、なんとなく「イモの気持ち」。

快適な生育環境。

土をどのような状態にすればいいのか?が、わかったような気がする。

だから、今シーズンのジャガイモ栽培。

芋が快適に育つ環境、土の状態を狙ってみる。

トラクターなど農作業の機械。

作業機械全部の調子が悪い。

使える機械がないので。

「ジャガイモを栽培するか」迷ったけど。

ジャガイモ栽培。

タイミングは今しかないので。

無理やりトラクターを動かした。

オリジナルの植え付け、栽培方法なので、秘密。

新しいジャガイモ植え付け方法、栽培のテスト。

オリジナルなので、まだ秘密にしておく。

収穫の良い結果が出たら。

発表するかもしれない。

植え付け時期としては適期。

近所の人たちもジャガイモを植え付け始めて、すでに終えた様子。

ジャガイモを植え付ける時期。判断は、近所の人が植えたのを見て真似をしました。

今シーズンのジャガイモの植え付け。

昨年より、数日遅いけど。

まあまあのタイミングで作業ができた。

ジャガイモ栽培。植える時期のタイミング。この地域での言い伝え。

調子の悪いトラクターで無理やり作業。

使っているとロータリーが上下に動かなくなる。

調子が悪いトラクター。

無理やり動かして。

ちょうど、目的の作業。

畑を耕起し終わった。

今日は、調子がいいので次の畑に行こうとすると。

最後にやっぱり、いつものトラブル。

ロータリーが持ち上がらない。

このままでは畑から帰れない。

最悪、畑にトラクターを置いて歩いて帰ることになる。

エンジンを切って。

カバーを開けて数十分。

休ませると、だいたい復活。

冷やすと?なのか。

土をイメージ通りの状態に保つことができるか?が鍵。

イモの栽培において土の状態。

「イメージ通りの状態に保つ」ことができるか?が。

今シーズンのテスト。

収穫量と土の状態。

収穫時期に手で感触を確かめればわかる。

なお、手で芋を収穫する作業。

手作業の芋掘りは、栽培の環境。

「イメージを確認するため」であって。

本格的な収穫作業は、機械に任せたい。

不調のトラクターを修理して。

「単管パイプ」で「芋掘りのアタッチメントが自作」できれば、最高。

「単管パイプ」を活用してトラクターに取り付ける「芋掘り機が自作」できるという情報。2021年 04月号、別冊現代農業「 農家が教える 足場パイプ&塩ビパイプで便利道具」。

広告