やはり今年は、宿根草の復活が、2週間ほど遅い。ルバーブが顔を出しました。

広告



2021年も、ルバーブが顔を出しました。

 

宿根草の「ルバーブ」が復活しました。

 

 

昨年よりも、「約2週間遅い」復活。

 

偶然ではなくて、何か理由があるはず。

 

この2週間のズレ。

先日発芽を確認した「行者ニンニク」と。

 

 

時期的に同様の遅れ、一致するのは。

偶然ではなくて、何か理由があるはず。

 

「行者ニンニク」が芽を出しました。昨年に比べると「2週間ほど遅い」のはなんでだろう?

 

今シーズンは、積もるほどの雪が降っていない。

そして、暖かかったという感覚。

 

ルバーブ。株分けでは、思ったよりも増やせなかった。

 

増やそうとして。

その前年に株分けをして、植えかえ。

植え付けをしたルバーブ。

 

予想よりも、それら株分けした株の成長がよくなかった。

そして、分けつもしなかったので。

株分けができなかった。

 

「株分けでどんどん増やそう」と考えていた作戦は。

実は、失敗だったのかもしれない。

 

タネをまいて。

地道に増やして栽培するほうが。

結果的には、数を増やせていた可能性がある。

 

そして、分けつする作物の扱いについて。

 

植えかえをしたら、ほとんで出てこなくなった「葉ネギ」。全滅したのか?

 

学び直す必要がある。

広告