「行者ニンニク」が芽を出しました。昨年に比べると「2週間ほど遅い」のはなんでだろう?

広告



植え付けてから3回目。再び「行者ニンニク」が芽を出しました。

 

行者ニンニクを植え付けたのは、3年前です。

 

作物の栽培がうまくいくか?は。

やってみないとわからない。

この地域特性に合うのでは?と思って。

行者ニンニクの栽培を始めました。

 

購入した行者ニンニクの株。

植え付けたのは、2018年10月。

3年前ほど前。

 

行者ニンニクの栽培は「できない」という話、も耳にしましたが。

結果的には3回目。

 

今年も成功。

毎年、芽を出すようになりました。

 

自然に生えている「山菜の行者ニンニク」ではなくて。

「栽培作物としての行者ニンニク」。

 

 

昨年に比べると「2週間ほど遅い」のはなんでだろう?

 

これは、昨年の2月末の記録。

 

 

 

行者ニンニクが復活しました!これは、行者ニンニクの栽培に成功した、ということかな。

すでに、2月に芽を出している。

 

体感的には。

今年のほうが暖かい冬だった。

だから、行者ニンニクの株が生きているとすれば。

少なくても2月中には芽を出すはず。

 

でも想像とは違い。

なぜか?2週間遅れで。

3月の中旬。

 

 

まずは、芽が出て一安心。

 

年に一回しか収穫できない旬の味。

希少品。

もしかしたら「水耕栽培」でもできるのではないか?

そのほうが管理も楽だし。

広告