現在の農業政策。農業とは、慣行農法。そのほかの挑戦には、「サポートをする仕組みがない」ことがわかりました。

広告



農業とは、慣行農法。そのほかの挑戦には、「サポートをする仕組みがない」ことがわかりました。

 

違う側面、ルートからアタックする。

 

広い分野で、それぞれ専門の人が多数いて。

「起業や事業に関して、無料で相談に乗ってもらえる」。

「サポートをしてくれるらしい仕組み」が。

「国の機関」があるらしい。

 

農業の業界では先に進めないので。

違う分野、概念を理解しているはず。

支援機関を訪ねてみることにします。

 

現在の農政。農業とは、慣行農法を意味する。

 

個人事業主の農家だとしても。

仕事だから、経営計画を建てて、利益を追求する。

目標に向かっての経営なのは当然、わかる。

 

特に自分がやろうとしているイメージ。

実践している「自然栽培」や「有機農業」など。

従来の慣行農法ではない数値化できない農業は。

「趣味レベル」だと思われている。

 

趣味の種まき。

 

 

従来型ではない作物栽培、販売のスタートアップ。

ザックリした新しいことへの挑戦は。

現在の農業政策、仕組みの中には。

「サポート、支援をする仕組みがない」ことがわかりました。

 

参入障壁がかなり高いことは、頭ではわかっていたけど。今さら実感。

 

農業の業界は。

他の業種、世の中のよりも。

従来型を踏襲する仕組み。

サポートしてくれる仕組みがある市町村。

行政機関とうまく条件が合致すれば可能性はある。

 

でも、農業界の従来型。

この仕組みの中では。

自然栽培や、有機栽培をやりたい新規農業、新規参入。

特に自分のような、他と違ったこと。

わざと「ハズれたことをしようとする」と。

なかなかムズカシイ。

 

障壁がかなり高いことは、頭ではわかっていたけど。

やっと実感、わかりました。

 

わかったから。

次にどうしようか?考えていたところ。

 

アイディアを具現化するための数値化。サポートしてくれるかもしれない国の機関を見つけました!

 

自分には、頭のアイディアを具現化、数値化するのはムリ。

やはり苦手分野。

でも、事業展開するには、どうしたらいいのか?

サポートしてくれる人、人材がいたらと思っていたところ。

 

実は、国には。

専門分野の人が多数いて。

「起業や事業に関して、無料で相談に乗ってもらえる」。

「サポートをしてくれる仕組み、機関」があるとのこと。

近いうちに行ってみます。

広告