畑に「無人の直売スペース」を設置する予定。防犯面や面白さを含めて、現金のやり取りに関するアイテム。PayPayでQR決済も予定。

広告



畑に「無人の直売スペース」を設置する準備。

 

無人の無機質な直売スペースに面白さを加える。

 

無人の野菜直売コーナーを作る準備中。

 

商品を買ってくれるお客さんに対して。

お礼も言えず。

無機質な状態だと面白くないので。

何か工夫をしたい。

それをずっと考えている。

 

「お金を入れたら何かが起こる仕組み」の材料をゲット。

 

 

無人スペースでのお金のやり取り。「わからないような対策をする」と書いていながらネタバラシ。

 

無人の直売所。

ひとつの問題が、防犯面。

「商品」だけでなく、「現金」も無人で置いてある状態になる。

 

カメラを設置するとか。

お金入れに鍵やチェーン。

防犯ガチガチではやらないことにします。

 

「性善説に基づいて、人を信用する」。

 

とはいっても、防犯の対策をまったくしないわけではなくて。

感覚的には、気付かれない、わからないように。

畑の中の直売スペースの設置場所。

位置どりをする。

 

道路に面して、ではなくて。

畑の中を少し歩いてもらって。

商品が置いてある状態。

 

植える作物は、ブルーベリー、ハーブ類、エディブルフラワーの予定。

 

 

ただ単純にサッと「モノを買うだけの人」にとっては面倒かもしれないけど。

癒しも加える。

 

もしかしたら「蚊やブヨ、ハチなどの虫」がいて。

結果的に、不快感を与える「逆効果」になる恐れ。

 

人生初の点滴を打たれる。ハチに2回目刺されたら次は危ない?。それを確かめるためにも、診療所へ行ってきた。

 

そして、「わからないような対策をする」と書いていながら。

完全に「ネタバラシ」。

 

防犯面や面白さ、現金のやり取りに関するアイテム。

 

PayPayでQR決済もいいけど。

コレも無人では問題があるのは、現金と同じこと。

でも、支払いのハードルを下げる簡易性や汎用性でいえば。

PayPayでのQR決済もできるようにしておく。

 

そして、買ってくれた人に対して。

その場でお礼も言えず。

無機質な状態だと面白くない。

 

お金を入れたら何かが起こるアイテム。

ひと工夫の材料。

 

 

コレらが何かは、今は内緒。

 

現地で商品を買ってもらって。

お金を入れたら、何かが起こる仕組み。

その材料です。

うまく作れるかは、まだわからない。

広告