食用の花、「エディブルフラワー」のタネをまきました。新しい種まき、育苗方式を試してみる。

広告



食用の花、「エディブルフラワー」のタネをまきました。

 

これらの種。

購入先は『たねの森』さんです。

 

ビニールハウスの中で育苗。

 

今シーズンから。

エディブルフラワーの栽培をやってみる。

 

新しい畑に、販売コーナー「直売スペース」を作る計画。そこに植える作物は、ブルーベリー、ハーブ類、エディブルフラワーの予定。

 

ビニールハウスの中で育苗。

食用の花、「エディブルフラワー」のタネをまきました。

 

 

新しい種まき、育苗方式を試してみる。

 

本格的に野菜の種をまく前に。

エディブルフラワーで。

新しい種まき、育苗方式を試してみる。

 

この育苗方法。

「土と場所」が準備できて。

発芽、生育温度。

タネをまく時期が適切なら。

発芽、発芽率が安定するはず。

 

そして、鉢上げの作業が必要なくなるため。

作業の効率化が見込める。

 

タネをまいたのは、ビニールハウスの中なので。

今回のテストで失敗したとしても。

再度タネをまけば。

まだ挽回できる、栽培は間に合う時期。

 

花のタネは。野菜とは違って、不思議な形ですね。

 

見慣れていない花のタネ。

野菜にはない形状、大きさ。

不思議な形。

 

紅花は、「薬」みたいだし。

 

 

ナスタチウムは。

食べたらサクッとスナック菓子のような。

 

 

カレンデュラは、魚介類、タコみたい。

 

 

これらのタネの購入先は、『たねの森』さん。

農薬や化学肥料を使わずに栽培・採種された固定種の種子。

広告