アルバイトでも支援金、給付金が受けられます。コロナの影響で「営業時間の短縮、休業」で収入が減って不安、困っている人。

広告



厚生労働省の「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」。

 

コロナの影響で「営業時間の短縮、休業」で収入が減って不安、困っている人。

 

厚生労働省のページ。

こちら、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金

 

 

仕組みがわかりにくいので。

詳細は、確認中ですが。

 

事業者向けではなく、雇われている人。

アルバイトでも受けられる支援金、給付金。

支援金、給付金なので返済の必要がない仕組み。

 

アルバイトでも、コロナの影響で仕事場が「営業時間の短縮、休業」で収入が減って困っている人。

 

アルバイトでも受けられる支援金、給付金が。

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金

私もその対象者で、困っているうちの一人、当事者。

 

農業の資金、生活費のため。

現在は、「飲食店でのアルバイト」が大きな収入源。

 

「コロナの影響、騒がれる」につれて、バイト先の飲食店。

お店には、来てくれる「お客さんが明らかに減って」。

昨年に続き、「2回目の時短営業」が決定。

お店の状況を考えると、仕方がない。

 

とはいっても、確実に収入が減るのは、個人の。

自分の生活に、明らかに影響、大打撃。

このままでは、生活ができなくなるかもしれない。

 

昨年の時短営業のときには。

厚生労働省の緊急小口資金等の特例貸付

お金を借りた。

 

 

最終的には、生活保護があるらしいけど。

 

「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」は、事業所単位でも、個人でも申請ができるらしい。

 

コロナの関連に限らず。

役所の作った仕組み。

説明は、かなりわかりにくい。

 

本当に困っている人を助けようとしているのか?

それともフィルター、ふるいをかけているのか?

 

そういうわけで。

この新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金

詳細を確認中ですが。

アルバイトでも受けられる支援金、給付金だということ。

 

事業所が給付をしない、できない状況だとしても。

個人経由でも。

オンライン、もしくは郵送で、「厚生労働省に給付の申請」ができる。

 

「営業時間の短縮や、休業」で、収入に不安がある人は、休業支援金・給付金。

 

お店、仕事場が時間の短縮営業や、休業。

アルバイトでも。

「営業時間の短縮や、休業」で収入に不安がある人。

個人的、もしくは。

お店単位で申請するつもり。

 

支援金、給付金なので返済の必要がない。

これは国が作った、生活を守るためのセイフティーネット。

新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金は、チェックしておいてください。

広告