ハードケースに入れっぱなしにしたために。ハワイアンコア材の貴重なウクレレが!危うくカビるところだった。

広告



ハワイアンコア材の貴重なウクレレが、危うくカビるところだった。

楽器のハードケースは、保存には向いていない。

 

ハードケース付きの楽器。

ということは、ある程度、高級。

高額な部類の楽器。

 

秘密だけど。

そんな楽器が、ウチには数種類。

数台所有している。

 

 

楽器のシリアルナンバー。

刻印してあるナンバーで。

万が一のときでも。

所有者がわかるようになっているので。

セキュリティー面では安心。

 

「楽器のコレクター」ではなくて演奏、音を出すのが好き。

 

楽器に限らず。

物を収集する「コレクタータイプ」と。

手に入れて使うのが好きな人間がいる。

 

自分は、後者。

収集家ではなくて。

使って楽しむタイプ。

 

音楽は、聴くのも好きだけど。

演奏、自分で音を出すのが好きだった。

でも。

 

忙しいという理由で数年間。

楽器を弾く、練習するどころか。

ほぼ。

ケースを開けてもいない。

 

貴重なウクレレが、危うくカビるところだった。

 

ハードケースをこまめにあける。

楽器を、日常的に使う。

汚れ防止や、衝撃に耐える保管をするのならおそらく問題ない。

 

でも、楽器のハードケースは、調湿の機能はない。

 

ここ数日間。

11月なのに20度。

急に季節外れの暖かさ、暑さ、湿度。

 

数ヶ月ぶりに、ふと。

なんとなく開けたハードケース。

中に保管している、入っている貴重な楽器。

 

ケースを開けて。

ウクレレを触った瞬間の違和感。

変な水分、ザラザラ感。

 

 

楽器、ウクレレの水分をキッチンペーパーで拭く。

そして陰干し。

 

天気が良くて。

乾燥、カラッとしている気候が。

プラス材料。

 

 

楽器およびケース内。

内部から水分を除去。

できるだけ乾燥させ。

 

木を材料とした楽器はメンテナンスは必要。

 

使わないとしても弾く、使う。

木を材料とした楽器は。

ある意味、自然の財産。

ハードケース内で長期保存するのは危険。

 

危うくハワイアンコア材。

貴重なウクレレが危うくカビる。

腐食するところだった。

広告