間引いた赤い大根と赤シソの実、乾燥青柚子の皮。漬物として食べようと、ボールに入れて数日したら、毒々しい色。

広告



間引いた「赤い大根と赤シソの実」が毒々しい色に変化した。

 

赤と緑の、絵の具のような色。

 

大根の栽培は、順調。

イメージ通りにタネをまいて成長も良好。

草取りと軽く土寄せの作業中。

 

そして、間引き。

そろそろ葉っぱが食べられるサイズになってきたので。

「間引き菜」として販売しようかと考えている。

この赤い大根の品種は、三月女山大根。

 

 

大根は、葉っぱも美味しい。

 

間引いた大根の葉っぱの食べ方としては。

塩もみをして漬物とか。

炒めて、最後にごま油。

そして、汁物の具材としてもいい。

万能の食材。

 

ウチは、今回は簡単な漬物。

間引き菜を塩もみして。

そして香りづけに。

赤紫蘇の実と乾燥させた青柚子の皮を加えた。

 

この赤い大根は辛い。

 

ボールに入れて数日置いておいたら。

出てきた水分とともに奇妙な色。

 

 

色を混ぜた絵の具のような。

緑色と、少しの赤み。

緑の葉っぱと、根っこが赤い大根だから。

出てくる色はこんな感じらしい。

 

においが少し変わった感じ。

乳酸発酵なのか?

失敗したぬか漬けのような奇妙なにおい。

もしかしたら失敗作かもしれない。

冷蔵庫に入れた方が良かったのかな。

 

においに少しの違和感があっても。

味がおかしい感じではない。

ただ、この大根は辛い。

広告