「サツマイモ」と「青ユズ」を食品乾燥機で乾燥テスト中。サツマイモは、食用の干しいも。青ユズは、アクセサリー用に。

広告



「サツマイモ」と「青ユズ」を食品乾燥機で乾燥テスト中。

 

 

 

秋の味覚の「サツマイモ」。試し掘りをしてみると。いい感じで、できていました。

 

 

今年の青ゆず。

 

 

サツマイモは、横にスライスしてみました。

 

サツマイモは、食用の乾燥芋。

干しいもを作ってみる乾燥テスト中。

 

最初に、アノーバ低温調理器で、85℃で1時間。

 

Anova Precision Cooker Nano Bluetooth 4.2 (750 Watts) [並行輸入品]
Anova

 

熱を入れて。

そのままでも食べれられる状態。

 

白くて粉っぽい生のままとは違って。

中身が黄色に変わって。

しっとりと、甘みもある。

でも、蜜が出るほどの糖度、甘さではない。

乾燥させるとまた味の変化があるのか、楽しみ。

 

ちなみに。

一般的に売っている「干しいも、乾燥芋」は。

理由はわからないけど。

「縦にスライス」されている。

 

乾燥の速さや。

食べる側としても。

輪切り、「横にスライス」の方がいいのではないか?

 

市販の干しいもは、一人で一つ食べるには。

大きすぎるし。

口に入れやすい、食べやすさを求めて。

メインは、「輪切り」での乾燥テスト。

 

「縦スライス」の歴史があるので。

何か落とし穴。

原因があるのかもしれない。

 

青ユズは、アクセサリー用に。

 

芋の乾燥のついでに。

ユズも乾燥させてみる。

これも輪切り。

 

これは、食用というよりは。

アクセサリーの部品として。

乾燥ユズを試作。

 

反らずにまっすぐの輪っか。

平らな状態で乾燥するのか?をまず見る。

乾燥野菜の販売。食用からの発展系は、レジン液で固めてアクセサリー用。

 

created by Rinker
東明テック(Tohmei Tech)
¥22,530 (2021/08/05 10:16:24時点 Amazon調べ-詳細)

広告