近所の人からゴーヤをいただきました。ゴーヤは、数年間、発芽もさせられず、その答え、ヒントは、ビニールハウス。

広告



「ゴーヤの栽培」。栽培どころか、実は、発芽すら数年間の失敗、できないでいた。

 

ニガウリの塩もみ。

 

 

これから、炒める。

 

 

ビニールハウスで育苗ができれば。

 

近所の人から、ゴーヤをいただきました。

 

 

本当は、今シーズンは。

「ゴーヤ」を栽培して販売をするイメージをしていたのですが。

栽培どころか、発芽すらさせられない現状。

実は、数年間。

同じ失敗をしている。

 

購入したてのタネでも。

もらったタネでもです。

 

ゴーヤは、一昼夜ぬるま湯に浸けてから「種をまく」をというのが基本。

 

ゴーヤのタネは、外側が硬くて発芽しにくいので。

一昼夜ぬるま湯に浸けてから「種をまく」をというのが基本。

それをやっても、なぜか発芽ゼロ。

 

タネをまいていたのは、露地で育苗箱。

時期は、夏野菜の苗を植え付ける5月初旬。

 

自分が、ずっと失敗しているにも関わらず。

近所の人は簡単に育てている、ようにみえる。

 

どうやって育てているのか?

ゴーヤを持ってきてもらった近所の人に、聞いてみた。

 

自然に発芽するのは、6月以降らしい。

 

この地域では、ゴーヤのこぼれタネ。

自然に発芽するのは、6月以降らしい。

 

ということは。

自分がタネをまいていた時期は、1ヶ月程度早い。

 

今までうまくいかなかった原因は。

「種まきの時期が違っていた」ということらしい。

想像よりも発芽温度が高い。

 

そして成功の答えは、ビニールハウス。

 

ビニールハウスでの育苗は夏野菜。その栽培の手間さえ省くことが可能かもしれない。

 

以前、建てたキットのビニールハウスが。

翌日、強風で無くなった過去。

 

それを、建て直して翌年。

そこの土地、畑を引き払うことになってから。

予算の都合で、ハウスの骨組みだけはあっても。

ビニールを張れない状況が続いてあれから5年ほど経過。

 

とりあえず。

簡易的にでも、ビニールハウスがあれば。

ゴーヤだけでなく、トマト、ナス、唐辛子など。

さまざまな種類の夏野菜の育苗。

 

ゴーヤでさえ。

ビニールハウス内で「4月初旬の種まき」なら。

育苗で一番難しいハウス内の温度管理。

 

夜間下がる温度を保温。

踏み込み温床など、苗床の温度をあげる使う必要もないらしい。

 

発芽の時期だけではなく。

結果的には、収穫時期も早めることができて。

育苗の手間さえ省くことが可能かもしれない。

 

これで来年は、ゴーヤ栽培が成功する。

 

単管パイプを使って作ろうとしている「丈夫、頑丈な温室」。

それを作る前に。

骨格、骨組みだけ建てて準備してあるビニールハウスに「ビニールをはる」。

小さくてもビニールハウスを作ることを優先。

これで来年は、ゴーヤ栽培が成功する。

広告