ライ麦のワラを粉砕した畑。そこに生えてくるキノコは、何の種類?食べられるのでしょうか?

広告



ライ麦のワラを粉砕した畑。そこに生えてくるこのキノコ。

 

このキノコは食べられるのでしょうか?

 

ライ麦を栽培した後。

ハンマーナイフモアで草刈りと同時に粉砕した藁。

トラクターで耕起した畑に。

畑の草を取り除きながら、大根の種まき中。

 

そこの土には、1カ所ではなく、その周囲にポツポツ生えているこのキノコ。

高さ3センチ。

カサは1〜2センチ程度の大きさ。

軸は細い爪楊枝よりも少し太いくらい。

 

 

キノコが畑に生えているのは、特別珍しいことではない。

 

コーヒーのカスを使ったキノコ栽培。

 

コーヒーのカスを使って、キノコの菌床栽培

コレを試すため、コーヒーのカスを少しずつ集めている。

この栽培には、コーヒーのカスだけではなく。

藁と菌床を使う。

 

イメージ的には、コーヒーは脇役で。

藁がキノコを育てるためのメイン材料だと思っていて。

 

だから、この粉砕した麦藁の残渣がある場所。

その土にキノコが生えているのをみると。

「キノコの生育には藁が何らか作用する」というイメージの。

確度が高くなる。

正解に近いのかもしれない。

 

なお、このキノコの種類は?

食べられるのでしょうか?

 

 

そのうち調べる。

広告