ニンジン栽培の効率化アイテムとして、「料理用の骨抜き」を買ってきました。「ピンセットと骨抜き」、どちらがいいか迷ったけど。

広告



ニンジン栽培の効率化アイテムとして、「料理用の骨抜き」を買ってきました。

 

ニンジン栽培の間引き作業の効率化を狙って。

 

料理用の骨抜きを買ってみました。

 

ニンジンが発芽しています。品種は、紅福冬越五寸人参。この人参は、吸い込み型。そしてかなり美味しい。

ニンジンの間引き作業は細かく、かなりの手間がかかる。

そこで思いついた道具が、魚の骨抜き。

 

 

先は少し鋭利。

 

「ピンセットと骨抜き」、どちらがいいか迷ったけど。

 

発芽したばかりの苗を「抜く、もしくは切る作業」、間引き、に使うのだから。

 

 

「ピンセットと骨抜き」。

似たような道具。

主に医療用と、料理用の違い。

 

どちらがいいか迷ったけど。

ていねいに抜かずに切れてもいいいいし。

ピンセットよりも刃、つかむところの幅が広い。

間引きの寸法にちょうどよさそう。

 

そして、食べるモノ、口にするモノは、ある意味クスリ。

でも、畑は。

医療、病院というよりは。

料理、調理場と位置付けている。

 

そういうわけで今回は。

料理用の道具。

骨抜きを買うことにした。

100円ショップで購入。

 

まだ実際にこの道具を使っての作業はしていないけど。

パッケージから取り出して。

持ってつまんでみると。

作業の効率化、期待できる。

とはいっても、手作業。

 

ここで、もうひとつ効率的に作業ができる可能性を思いついた。

播種機の適切なカートリッジを使うこと。

それが試せるのは、来年、一年後になる。

広告