種子加工されたレタスのタネを買いました。「パリッとした食感で、赤くて、フリル状のレタス」を育てたい。

広告



種子加工されたレタスのタネを買いました。

 

普通はこういった加工されたタネは買わない、使わないのだけど。

 

今回買った野菜のタネ。

タネがコーティング。

種子加工がされている。

この種子加工が何の目的、趣旨なのか?

発芽促進?

わからないけど。

 

普段は、コーティングされたタネを買うことはない。

でも、今回は、仕方なく使うことにした。

 

普通のレタスのタネはこんなに丸くはない。

 

右の丸い白い粒が、この野菜のタネ。

 

 

普通のレタスのタネはこんなに丸くはない。

お米のような楕円で。

それを紙くらいに、スライスした薄さ。

 

「パリッとした食感で、赤くて、フリル状のレタス」を育てたい。

 

今回のレタス。

仕方なく買ったコーティングされたタネ。

育てたい野菜、完成形をたどると。

このタネしか売っていない。

 

自分が育てたいと思う野菜、食べものは。

「食べて、口にして美味しいもの」が第一条件。

それプラス。

「お客さんが要求しているであろう」商品。

自分の中での販売イメージと一致するもの。

レタスのそれが、「パリッとした食感で、赤くて、フリル状」。

彩り、食感、もちろん味と、それ自体のボリューム感。

 

レタスは固定種しかない。

 

レタスに、F1種はないときいている。

だから、今回の種子加工されたタネも。

自分の栽培理念、「無肥料、固定種を使った栽培」とは違わない。

 

種子加工がされているとしても。

タネを採り継いで固定すれば。

自分の、自分の畑のものオリジナル。

 

「美味しくって。パリッとした食感。赤くて、フリル状のレタス」が出来上がるかもしれない。

広告