昨年の同時期には、ナスの花が咲いていた。今頃ナスの苗を植え付ける。45日ほど遅い。

広告



ナスの苗を植え付ける。前年よりも、45日ほど遅い定植。

 

 

えんぴつナスの苗を畑に定植、植えました。

自分の記録、過去の記事をみると、昨年は、5月末にナスの苗を定植。

畑に植えつけた。

 

今シーズンは、約1ヶ月半、45日遅れのナスの植え付け。

昨年の同時期には、すでに花が咲いている。

えんぴつナスの自然栽培。2019年バージョン。ツボミが出てきて、花も咲いてきた。

 

今年の梅雨は、雨が毎日のように降り続く。

 

育苗した苗は、ずいぶん前から畑に植え付けてもいい状態。

植え付け時期を逃すと苗は老化、弱って。

タイミングを逃すと。

畑に植え付けてもうまく育たない可能性もある。

 

葉っぱの状態は。

ポットの外に出たがっている感じ。

すでに遅いのはわかっていた。

 

ポットからはずして根っこをみると。

根っこはそこまで回っていないので。

 

 

収穫量はともかく。

なんとか、実はなるはず。

 

畑に植えつけてから、45日後だとすると。

9月初旬か?

 

「完璧に管理しようとした結果が全部のバランスを崩す」。

 

昨年よりも、農作業に時間がかけられるような生活スタイルに切り替えたのに。

この間、自分はいったい何をやっていたのだろう?

 

今年の梅雨は、毎日のように雨、降り続く。

雨が続いているのは、ひとつの言い訳。

そのほかは、違う作業に気をとられたのと。

ひとつの場所を。

「完璧に管理しようとした結果が全部のバランスを崩す」ということになった。

 

でもこれでいい。

 

その時期に必要な作業。

作業、仕事量、栽培、生育のデータ。

このブログ、記録に残っている。

記録を徐々に蓄積している。

 

作物の安定した収穫が見込めれば。

周期、定期的な販売、営業もしやすい。

 

畑作業の分散、効率化によって。

販売、商売の時間が増やせる。

広告