水が抜けない畑(地目は田んぼ)に植えたサトイモ。生育は順調にみえますが、収穫結果はどうなるでしょうか?

広告



水が抜けない畑(地目は田んぼ)に植えたサトイモ。

 

もともと稲作「田んぼ」として使われていたという畑。

 

借りている畑のうちの1箇所。

もともとは、稲作、田んぼとして使われていた、という耕作放棄地での畑作。

 

ウチはお米、稲作は。

現段階では労力的、状況的にできない。

 

この農地の難しいところは。

畑に機械を入れるルート、道路が整備されていないこと。

エリアによって土質、砂地だったり、粘土質だったり。

そしてだから、水分量もちがう。

 

場所によっては、沼、湿地のような。

 

 

この畑を借りる前に。

この土地で活躍させよう!と購入したハンマーナイフモア。

 

 

草刈りをしょうとしても、土にハマって終わり。

身動きがとれなくなるので。

 

結局、この時期の草刈りは。

刈り払い機で時間をかけることとなった。

 

栽培面積が増えると。

「農地の管理、手間が倍」どころではない。

 

サトイモの栽培として適地なのでは?

 

湿地帯のような農地、畑には。

サトイモ栽培が適地。

向いているのでは?ということ。

 

昨年は、イノシシ侵入、被害のため栽培テストはできず。

いちおうの獣害対策はできたので。

 

今シーズンは栽培テスト。

この畑にサトイモをそこに植えました。

 

 

生育は順調にみえます。

 

川にいる魚は、幼虫を食べなかった。

 

サトイモには、ツノの生えた幼虫がきて葉っぱが食べられる。

食べられた、とはいえ。

そこまでの生育障害、被害はない。

 

サトイモの生育が大事なのと。

魚を釣る目的。

 

見つけた幼虫を捕まえて。

魚が食べるか?

川の魚がいるスポットに投げ込む。

 

この幼虫。

川に流されても、浮いていて。

 

魚が食べるには、大きすぎるのか?

魚がアタックしてこない。

この幼虫を餌にしての釣りでは。

「魚が釣れない」ことがわかった。

 

この川の魚を釣る方法は別に考えるとして。

 

この畑のサトイモの収穫、結果はどうなるでしょうか?

 

ここまで水が抜けない土地では。

 

 

 

収穫、結果はどうなるでしょうか?

 

たとえ、生育、栽培結果がうまくいったとしても。

こんなに水分の多い土から。

手掘り、人力でイモを掘り出せるのか?

 

 

created by Rinker
大進(ダイシン)
¥2,390 (2020/09/29 04:36:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

広告