農業「経営継続補助金」の申請書類完成。ついでに「 マンガでわかる 必ず伝わる!ロジカル会話術 (アクションコミックス)」読み終える。

広告



農業「経営継続補助金」の申請書類完成。

 

 

はじめて対象になりえた補助金。「経営継続補助金」書類が完成しました。

 

 

「農業は、補助金が多い」といわれていたりもするけど。

 

自分のように。

決まった枠組みから外れて、個人で農業を始めると。

補助金対象になるのは、なかなか難しい。

 

今まで農業の補助金で、対象になったものは。

獣害対策の防護柵を設置する柵の費用だけ。

 

それ以外の補助金は、団体だったり、法人対象。

個人に降りてくる補助金、助成金などは、ない。

 

世の中に補助金などの「仕組み」があるとしても。

縦割り社会なので。

情報を得るのも一苦労。

見つけても対象外なのだけど。

 

今回の「経営継続補助金」は。

個人に降りてくる可能性のある珍しいケース。

利用、活用、申請しない手はない。

 

補助金と助成金、給付金の違いなど、知らないことも多かった。

 

補助金と助成金、給付金の違いなど。

知らないことも多かった。

 

数年間かかって、やっと少し理解ができ始めていて。

どうやってそれらの仕組みをうまく活用しようかと。

思っていた矢先の「経営継続補助金」。

 

2日をかけて完成。

必要なものの見積もりをして。

書類を作成。

申請は、メールで送信。

 

こういった機関に対しては、花束は添えられない。

 

文章、書類だけで審査されるような場合。

相手には。

花束は添えられない。

 

古典的名著「ステーキを売るなシズルを売れ –ホイラーの公式」。

 

 

 

数日前に入手。

「 マンガでわかる 必ず伝わる!ロジカル会話術 (アクションコミックス)」。

 

 

 

この本を読み進め、読み終えて。

実際の商品を「売る」とか。

相手に何かを「伝える」ということに関しては。

本質的に共通していることが多い印象を受けた。

 

それは、自己主張だけではダメだということ。

 

申請するにあたって作った書類のテーマ。

 

本質的には、自分のやりたいこと。

軸は持っていなくてはいけない。

 

ただ、それだけを主張するのではなく。

相手の要求、望んでいることに「寄せていくストーリー」をどう描くかが。

今回申請、提出した書類のテーマ。

 

結果が、どうなるかはわからないけど。

ひとつやり遂げると、次のハードルが下がる。

見えない相手が少しクリアになっていく。

広告