一気に、同時多発的に生えてくる草。この状態になったら手で除草をすることにする。

広告



一気に、同時多発的に生えてくる草、手で除草をすることにする。

 

この時期は、畑管理の段取りが難しい。

 

今シーズンは、コロナの影響で。

今まで以上に畑作業に手をかけられた。

でも、過去形。

空いている時間に畑の作業をしている。

 

今は、繁忙期。

畑管理の段取りが難しい。

 

すこし目を離す。

別の作業に手をかけると。

畑、この状態が。

 

 

こうなる。

 

 

ここには落花生。

 

落花生を育てている場所。

 

ほんの数週間前は。

除草作業に大活躍していた「削っ太郎」。

かなりお役立ちの農作業の道具です。

 

 

草の成長が旺盛になるこれからの時期。これで除草作業の効率化、省力化ができるか?「けずっ太郎」を買った。

 

 

この道具は初期除草に役立つ。

狙ったところはこれで一気に草を取り除ける。

 

場所によってはこの道具での作業のおかけで。

草が抑えられている。

 

でも、育っている株元ギリギリの草や。

急激に大きくなった草は、「削っ太郎」では。

さすがに無理。

 

除草、取れたとしても、草の種類によっては。

そのまま、土においたままだと根づく。

切ったものですら、土に置いても復活する草。

根っこを残して上部を切ると分枝してよけいに増えるように見える、強くなる草もある。

 

だから、除草する草。

草の種類によって、対処、対応。

それぞれ処理方法を考えなくてはいけない。

 

とりあえずここは。

しゃがんでノコギリ鎌を使った草取り作業に切り替える。

 

 

 

 

落花生の生育は順調です。

広告