農業「経営継続補助金」の件を確認のため。茨城県庁内の「茨城県農業参入等支援センター」へ行ってきた。

広告



茨城県庁内の「茨城県農業参入等支援センター」へ行ってきました。

 

 

農業「経営継続補助金」の件を確認のため。

 

未だ断片的にしか情報のない「経営計画補助金」。

今月6月末に受付、そして7月末に1度締め切るらしい制度。

国で決定したのも数日前。

 

この制度を利用するには、伴奏支援機関と取り組む必要がある。

自分個人は。

支援機関としての一つ、農協とは仕事上では、関わりがないため。

相談窓口として、決定?

候補に上がった「茨城県農業参入等支援センター」を訪れた。

この経営計画補助金の制度について、茨城県農業参入等支援センターで聞く。

 

 

自分が調べた情報や巷に流れている同様の内容。

 

茨城県農業参入等支援センターでは、相談窓口として決まったのも急に降ってきた話。

未だ内容は確定しておらず。

担当窓口でさえ、混乱している模様。

確認できたことは、自分が調べた情報、巷に流れている内容と同様。

 

これから受付の今月6月末に向けて。

すこしづつ決定要項が出てくるはずとのこと。

 

そして、現段階で出ている申請、記入要項は決定事項。

「内容を確認の上、すぐ申請、提出できるように準備はしておいてください。」とのアドバイス。

 

別件での相談も。そして、認定農業者になることをすすめられる。

 

茨城県農業参入等支援センターは主に。

企業等の農業への参入に関してと。

その逆で、農業を辞めて後継者を探すことを支援する組織だそうです。

 

 

法人化に向けた相談をしたところ。

会社設立前の支援。

「経営計画策定、相談のための専門家の派遣」が無料で受けられる。

でも、これは「認定農業者のみ」とのこと。

 

自分は現在、ただの農業をやっている個人事業主。

「ダンゼン得する 知りたいことがパッとわかる 起業と会社経営の実務がよくわかる本」読み始めました。

法人化するだけではなく、「認定農業者」になることが。

大きなメリットがあるとのアドバイス。

 

以前、話を聞いたことがある認定農業者の制度。

話を聞いた上で、保留していたのだけど。

その当時の段階とは違って。

この先は必要、メリットが多いと感じたので。

町に、認定農業者制度への申請をしてみます。

広告