近所の陶芸家さんが保護している捨てられた犬は、新しい家族へ引き取られていきました。田舎だからなのか?捨て犬、捨て猫が多いこの地域。

広告



ここの地域では、捨て犬、捨て猫の情報をよく聞く。

 

近所の陶芸家さんが2週間ほど前から保護していた。

捨てられた犬は、新しい家族へ引き取られていきました。

 

田舎で、捨てやすいからなのか?

 

近所では、捨てられたペットの情報をよく耳にする。

そして、それらの犬や猫を保護して、飼っている人も多い。

 

新しい道路ができてから。

「動物が捨てられることが多くなった」という話もあり。

田舎だから、人の目を気にせず。

だから、捨てやすいということなのだろう。

 

動物を捨てるのは、どこか別の地域から来た人。

 

田舎では、良くも悪くも。

近所の状況がわかる。

 

動物を飼っていた家で、いなくなったりすると。

周りがおかしいと思うし。

その動物を見れば、どこのペットなのかもわかる。

 

だから、この地域に動物を捨てる人間は。

別の地域の住人。

業者か?

 

近所の陶芸家さんが保護していた捨て犬。

 

近所の陶芸家さんが畑に犬を連れてやってきた。

 

 

2週間ほど前から保護。

すでに病院にも連れて行って。

この犬には、ワクチンは接種されているとのこと。

8ヶ月のオス、雑種。

現在の体重は、10キログラムちょい。

コーギーっぽいけど。

ちょっと大きくなりそうな個体。

 

人を怖がらず、甘える、寂しがり。

飼われていたはず。

もちろんカワイイ。

 

飼えないから飼わない。

 

ウチでは、動物の面倒が見られない。

飼えないから飼わない。

 

この犬を、保護した人も面倒を見るのに、困っている。

情がうつる前に。

引き取ってくれる飼い主が見つからなければ。

保健所で処分してもらうしかない。

 

新しい飼い主が見つからず。

処分の判断をしたとしても。

それは、尊い決断。

 

 

なお、この犬。

新しい家に引き取られていったそうです。

よかったね。

広告