もしかしてこれは山菜の「コゴミ」なのでは?この山菜を好きな人が多いので欲しいと思っていたら梅の畑に生えている。

広告



もしかしてこれは山菜の「コゴミ」?

 

間違えているかも。

でも、この植物は期待値を込めて「コゴミ」っぽい。

 

 

この大きさだとすでに収穫適期を過ぎている。

食べるには遅い。

葉が開く前のクルクルした状態で採るのが普通。

 

そのクルクルした状態を見ることができなかったのは。

この場所は、梅の畑。

家からだいぶ離れていて、様子を見に来るのは年に数回程度。

梅の様子見と、草刈りの二日目。

 

梅の畑の草刈りに行ってきました。すでにウメの実が付いているのだけど、全体的に見ると結果は良くない。

 

なんとなく座ったその場所に。

これは!

 

 

山菜の中でも人気のコゴミ。

 

山菜の時期になると

「コゴミの天ぷら旨いよね。」の声が聞こえてくる。

 

都会では、山菜は、高価な食べ物。

山菜を食べる習慣がないのだけど。

田舎では、季節のもの。

 

その中でも、この山菜「コゴミ」が好きな人が多いので。

育てたい、欲しい!

どこかに生えていないかな?

数年間、探していたのだけど、近所の山には見つからず。

 

根株を買って増やそうかな?と思っていたら。

梅の畑に、それっぽい植物が群生。

 

生えている雰囲気では、間違いなく「コゴミ」。

食べるわけにもいかず。

どうやって判別、確かめるか?

 

株をいくつか掘って。

ウチの近くに植えておく予定。

それで増やす。

 

ウチの山菜シリーズ、レパートリー。

 

ウド。

 

 

ウドの軟化、軟白栽培。積んだ落ち葉の中に植えておいた根株から、芽が出ました!

 

たらの芽。

 

 

タラの芽のふかし栽培。芽が出てきました。

 

タケノコ。

 

 

水でアク抜きしたタケノコを。食品乾燥機で乾燥タケノコを作ってみることにした。

 

ワラビ。

 

 

裏の山に生えているワラビ。重曹を使ってアク抜きして食べてみる。色よく仕上がったかな?

 

行者ニンニク。

 

 

行者ニンニクが復活しました!これは、行者ニンニクの栽培に成功した、ということかな。

 

ふきのとう。

 

 

春の訪れ。春の味は、なんだか少しほろ苦い。フキノトウをオイルで煮て保存食として使う。

 

そして、今回のこれ。

 

 

正解なら山菜シリーズに「コゴミ」が仲間入りする。

広告