ブドウの栽培予定地。思っていたよりも広かった。

広告



ブドウ栽培予定地の開墾中。

 

 

 

 

ワインを作るつもりなので、ブドウ畑を作る。草刈りはじめました。

 

地続きでも持ち主が違うのが畑。

使っていないとしてもトラブルがないように。

近所の人に土地の境目を確認してもらったので。

一応安心して、作業をする。

 

 

やっと、ある程度の土地の形全貌が見えてきた。

角から眺めてみると、思っていたよりも広い。

 

狙っていたブドウの苗木は、すでに完売。

 

苗木の業者さんと連絡がついた。

でも、欲しいブドウの品種。

甲州は、すでに予約で完売。

11月までに予約しないと、なくなるらしい。

 

もしかしたらキャンセルがでるかも?ということで。

今春、甲州は植えられるかはわからないけど。

代わりに、シャルドネなら入手できるという状態。

 

ダメな場合は、全滅。

 

苗木屋さんに、品種による栽培の難易度。

どの品種が、うまく育つか?

聞いてみると。

 

結局は、植えてみないとわからないという話。

土地、土に合わないと。

花が咲かなかったり、果実に色がつかなかったりするらしい。

ダメな場合は、全滅。

 

作物が全滅することは、承知済み。

何度も経験している。

 

結果、この土地に合う作物の栽培に。

自然栽培に成功しているわけです。

 

数品種を植えて、成長を見守る、確認するのがベスト。

 

1品種だけの栽培をするよりも。

最悪のケースを想定して。

数品種を植えて、成長を見守る、確認するのがベスト。

 

育ててみたいブドウ=飲んでみたいワイン。

ネッビオーロとかカベルネ、テンプラニーリョ、ピノノワール。

そのほか、数多くあるけど。

 

まずは、白ワイン用のブドウ。

キャンセル待ちの甲州と、シャルドネ。

これらを植える場所。

 

 

植える時期までには、なんとか畑になりそう。

 

苗木代も予算オーバー。

そして、絶対に必要なイノシシの防護柵も、予算的に無理か。

 

不確定要素、不確実な農業。

どうやって事業計画。

資金計画が立てられるのか?

まったくわからない。

広告