ホームベーカリーで焼いた米粉のパンが、大好評!

広告



ホームベーカリーで焼いた米粉のパン。

 

初めて使ってみた米粉は。

カルディーさんで買ったもの。

 

 

小麦粉と米粉は、5:1の割合の分量。

ホームベーカリーでパンを焼く。

 

焼けた米粉入りパン。

外側はパリッと。

中はしっとりとして、モチモチ。

大好評!

 

 

このパンを食べて。

米粉のポテンシャル、可能性、用途。

使いみちが、まだまだ広がる。

 

小麦粉、薄力粉の代わりに米粉を使って揚げ物。

 

米粉は、小麦粉よりも油の吸収率が少ない。

 

 

揚げ物に使ったらどうなるのだろう?のテスト結果。

 

これも、サックリ、カリッと食感がいい上に。

小麦粉の揚げ物よりもサッパリ、軽い。

油を吸収していないおかげ、だとすれば。

ヘルシーな揚げ物。

 

製粉の技術、方法で粒子の細かいものがなかったから?

 

米粉を買ってみよう、使ってみようと思ったのは。

この本を入手、読んだから。

 

 

「シュタイナーのおやつ」本を入手しました。金曜日はライ麦の日。

 

created by Rinker
¥1,760 (2020/04/09 14:21:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

料理好きな人、健康志向の人にオススメ。

 

米粉が製品として出始めたのは、もう数十年前。

値段は小麦粉よりも、かなり高かった記憶。

 

そして、その当時は、使い勝手が良いとはいえない評判。

だから、あえて値段の高い、使うのが難しいお米の粉。

買う理由がなかった。

 

現在でも、料理用の食材、粉としても。

それほど普及していない米粉ですが。

 

料理好きな人、新しい食材として。

そして、健康志向の人にも。

ぜひオススメしたい。

 

売れないといわれる原料の「お米」の使いみち。

消費量が増えれば。

田んぼ、お米の栽培地域の疲弊。

田舎から人が減っていくのも。

農業人口のプラスや、現状維持は無理だとしても。

 

でも、食べて、喜んでくれる人。

近くにいなくても、その反応、声が聞こえれば。

モチベーションになる。

 

美味しいものを食べて喜んでもらいたい。

さらに、もっと、より高品質化。

いいものを作りたくなるのが、職人。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。