今期は狩猟、罠は仕掛けていない。このままシーズン終えるかも。

広告



2019〜2020年の狩猟シーズン。

 

今期は狩猟、罠は仕掛けておらず。このままシーズン終えるかも。

 

狩猟は趣味の範疇。

でも、自分個人が罠の狩猟免許をとった理由の一つは。

趣味というよりも、畑をイノシシから守るため。

捕獲することで、侵入を防ぐ目的。

 

毎年感じること。

畑に獣害が実害が起こるのは。

狩猟期間内ではなく。

免許の効力がなく、個人では手を出せない狩猟期間を外れた時期。

 

時間的、金銭的、衛生上の問題。

 

今シーズンは、昼間の作業や、バイトもある。

もし、罠にかかった場合。

時間的な問題、処理、対応ができない。

 

それと、以前に増して。

衛生的な食肉の処理をしたい。

衛生面での準備も不足。

 

だから、罠をかけていない。

 

茨城県のイノシシ狩猟は、あと2ヶ月と少し。

 

罠は設置していないとはいえ。

山の中の確認作業。

罠をかける準備は、している。

 

 

罠をかける、狙っている場所を何度も歩いて。

踏んでいる。

おまけにこの日は、かなりの獣臭。

近くにいたのかも。

 

茨城県のイノシシ狩猟は、あと2ヶ月と少し。

獲る、美味しく食べるなら寒い時期。

できれば、外気で肉が冷やせる。

そして、虫も来ない2月中が好ましい。

 

今シーズンは気がのらない。あまりやりたくない。

 

周辺環境を変えているし。

 

 

もし、実害。

畑に出没しそうなら、罠を仕掛けるつもり。

でも、今期はこのまま狩猟シーズンを終えるかも。

感情的な部分もあって。

今シーズンは気がのらない。

あまりやりたくない。

広告