ワインを作るつもりなので、ブドウ畑を作る。草刈りはじめました。

広告



ワインを作るつもりなので。

 

 耕作放棄地を畑にする。

 

荒地、耕作放棄地を自然栽培の畑にする。

もう、何回繰り返したことか。

 

基本的は、就農して、条件のいい畑は手に入らない。

とりあえず、借りられる、使える土地をどう活用するか?

なんの作物が適しているのか?は、実際にやってみるしかない。

 

甲州ブドウでワインを作りたい。

 

今回は、事前に栽培したい作物が決まっている。

それは、ブドウ。

品種は、甲州。

 

荒地、耕作放棄地の中でも。

日照条件が良さそうな場所。

 

でも、地主さんはここには住んでいないので。

畑の賃借依頼の手紙を書いた。

 

その後、待っていた返事。

畑の賃借。書いた手紙の返事が来ました!

 

条件付きで使っていいとの話。

しかし、ここは、茅と篠竹の荒地。

 

久しぶりに、ハードな作業。

 

数時間の草刈り。

この場所は、生えている草が草というか。

木と草の中間に近い硬い草。

自分の背よりも倍はある。

刈り払い機で刈るのもかなりの作業。

「よういじゃない」(茨城弁)。

 

草を刈ってみないと先に何があるのか?見えない。

刈った後の草が滑るのと。

弾力があって、はねてくる。

イノシシの穴、凹凸もあって足場が悪い。

 

乾燥した茅ならまだいいけど。

その先にみえる篠の群生が、かなりハード。

 

 

数年前の耕作放棄地開墾作業。

ほとんど草刈り機は使わずに。

篠竹は、手作業で刈った。

 

時間はかかったけど。

燃料代もかからないし。

身体的への負担。

手作業の方が楽、いいかも。

 

 

今日の作業は、ここまで。

数時間前に終わらせたのに。

まだ、身体に疲労感が残ってる。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。