事業計画書を作成中。個人農家、個人事業主でも作る必要性があることに気付く。

広告



事業計画書を製作中。

 

 

created by Rinker
¥1,515 (2020/10/01 18:27:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

農業に注力できていない状況を脱却する。

 

会社を辞めて、農業で独立すると決めてから経過した年月は、6年ほど?

いまだにイメージしている農業はできておらず。

そこ、農業に注力できていない状況。

ほぼ、バイト生活。

 

さすがにゼロから。

自己資金での農業。

農業での起業は、ハードルが高い。

 

とはいえ、数年間、数十年間の構想、実体験、経験により。

自然栽培による作物栽培の技術は。

普通の人にはできないレベル。

 

そろそろ、事業としての農業。

本格始動させるにあたって。

農家、個人事業主でも作る必要性があることに気付く。

 

事業計画書を作ってみようと。「マンガでわかる事業計画書のつくり方」購入。

 

計画として記述することによって、明確になることがある。

 

やはり、最大の問題は、資金不足。

アルバイトで稼いだお金は、生活費と農業資材に投入。

細々と、ギリギリの貧乏な生活。

 

これでは、せっかく会得した自然栽培、農業の技術。

やりたいこともできずに。

自分の構想が、日の目を見る前に終わってしまう。

時間的な焦り。

 

ざっくりと使いたいお金は計算できていたとしても。

収入として必要な金額に対して。

作付けの計画、毎日どう行動すればいいのか。

そして、販売単価、商品計画など具体的な数字が頭に入っていなかった。

 

頭にあるイメージを

計画として記述することにより。

抜けていたことが明確になる。

 

これができるようになったのも。

自然栽培による作物栽培を実際に経験。

収穫できる作物が商品として機能し始めたから。

 

本当は、農業に注力できれば。

さらに発展した形が見せられる。

具現化できるはずなのだけど。

 

マンガだけど侮れない。

 

事業計画書の基本を学ぶのに。

読み始めたこの本。

読みながらの作業。

 

 

マンガだけど、侮れない。

 

created by Rinker
¥1,515 (2020/10/01 18:27:18時点 Amazon調べ-詳細)

広告