甲州ブドウの垣根式栽培について調べている。

広告



甲州ブドウの垣根式栽培はできるのか?

 

ワイン醸造用のブドウの栽培、仕立て方。

ヨーロッパでは主流な垣根式。

剪定、手入れがやりやすいのがメリット。

 

少量からでもワインが作りたい。

 

ワイン用のブドウの栽培。

少量からでもワインが作りたい。

栽培するなら白ワイン。

赤ワインよりも熟成期間がそれほど必要でなく飲める。

この土地の土壌にもあっている気がする。

 

もともと好きだったブドウの甲州。

この本を読んで。

 

 

余計に甲州ブドウを使ってみたくなった。

 

「発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ」を読んだら。甲州ぶどうの栽培、甲州でワインを作ってみたくなった。

 

甲州ブドウの垣根式栽培について調べていると問題。

 

甲州ブドウの栽培について調べていると。

この品種は、樹勢が強いメリット。

一方、だから。

垣根式の栽培には不向きらしいことが、共通点として浮かび上がる。

これだと栽培の手間で、手を出せない。

 

でも、醸造用甲州ブドウの垣根栽培。

実践している人、事例、探すとみつかる。

やはり挑戦している人たちはいる。

 

 

まずこの本が読みたい。

広告