自然栽培の農業を始めた理由は、忘れた。

広告



自然栽培の農業を始めた理由。

 

 

答えることができなかった。

 

農業、それも自然栽培。

志した、始めた理由、きっかけ。

それを突然、聞かれて。

 

なんでだったのか?

質問に答えることができなかったのは。

「過去のことなので忘れた」から。

 

自分が、物事を始めるきっかけというのは。

実は、明確な理由や、使命感から生まれるものではなくて。

なんとなくの興味や、何かに影響された。

ぼんやりしたものの集合体。

明確な理由はない。

 

個人の発信ができる世の中になったのが転換期。

 

農業自体をやろうと思っていたのは、20〜30年の構想。

その間、有機栽培農家に研修にいったり。

無肥料、自然栽培の方向性も10年以上前に決まった。

 

そして、イメージと実際が合致したのは。

インターネットが普及。

個人の発信ができる世の中になったのが、大きな転換期。

 

「自分ならできる」と思った確信があった。

 

個人的には、記憶がない自分の過去。

その当時毎日、紙に書いていた日記は。

インクが薄れて読めない、残っておらず。

ブログも、農業を始めてから数年後に書き始めた。

だから、個人の実際の感情はどこにもない。

 

当時の農業の状況をふまえて。

他の人ができないという農業の自然栽培。

「自分ならできる」と思った確信があったのは確か。

 

そもそも。

自然栽培を始めたきっかけは?の質問に対しては。

覚えていない、忘れた。

だから、はっきりした答え、返答ができない。

 

今後、忘れた過去について聞かれたときのために。

自分の記憶を思い返してみる。

 

そして、イメージ戦略として。

質問に対してキャッチーな。

ウケのいい答えを考えて作る。

準備をしておく必要はある。

広告