具体的に。育った野菜をどこで、どう売るかを考え中。

広告



具体的に。育った野菜をどこで、どう売るか。

 

育った野菜を商品として売る段階。

 

数年かかってやっとこの段階。

商品をどう売るかを真剣に考えられる時期。

農業を始めてから、かなりのステップアップ。

商品がある。

 

欲しい人に届ける食べてもらう方法を模索。

 

商品を、できるだけ効率よく。

欲しい人に届ける食べてもらう方法。

以前からずっと考えてはいるけど。

これだ!というのが思い浮かばない。

 

直接販売、ネット販売、直売所。

それぞれの販売特性。

自分の手間や、手数料の問題。

 

6次産業化に向けて、外注依頼することも検討。

 

自分で作る加工品。

自分でテストはできても。

そろそろ一人では、物量的、作業の量。

技術的には、限界かも。

6次産業化に向けて、外注へ依頼することも検討している。

 

公的資金のマッチングサイトのクラウドシエン

現在は、ベータ版。

登録して、検索したら数秒で。

6時産業化の補助金、助成金がヒット。

 

この案件は、個人の農業者が申し込んでも対象かどうか。

個人でも、民間事業者にあたるのか。

 

なお、クラウドシエンは、公的資金の検索、専門家へのマッチングまでは無料。

専門家、士業者との相談の費用は、有料。

 

今回ヒットした案件。

担当は、農水省。

単純に問い合わせても相手にされないだろうから。

繋いでくれる人、近くにいないかな?

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。