落花生の加工販売。料理、製菓、製パン用に使えるようにテスト予定。

広告



落花生の加工販売。

料理、製菓、製パン用に使えるようにテスト予定。

 

加工品としての落花生。

 

落花生を加工して売るとすれば。

何ができるのだろう?

 

煎ってフードプロセッサーにかけて、ピーナッツバターは手軽にできそう。

ジーマミー豆腐はハードルが相当高い。

 

今年の、落花生栽培。

イノシシの被害もなく収穫量は、まずまず。

昨年は、収穫が順調だと思われた落花生。とうとうイノシシに見つかってしまった!

 

ただ、今年は、乾燥させるのに多少失敗。

収穫、保存してからの天気の悪さがひびいた。

一部カビてしまったので捨てることになったのはもったいない。

 

落花生は、保存がきいて加工もできる野菜。

 

考えてみると。

ほとんどの人が普段、口にする落花生といえば。

煎った落花生、ピーナッツ。

 

 

これだけでは本当の美味しさは伝わらないのがもったいない。

 

農業での生活設計、安定が見込めるかもしれないという目論み。

 

採ってすぐに売る切らないといけない生鮮野菜と比べて。

落花生なら販売期間が長い。

 

落花生を販売商品としての、一つの軸にできれば。

農業での生活設計、安定が見込めるかもしれない!という以前からの計画。

 

作物の自然栽培をはじめてから。

なんでか?落花生とは、相性がよく。

ものすごく美味しい。

 

粉末状プードルとか、ダイス状に加工。

製菓、製パン用に売れないかなと思っている。

生のアーモンドやクルミや、プードル、ダイスで見かけるので。

販売ルートがヒットすれば落花生も不可能ではないはず。

 

販売層、狙いとしては。

家でホームベーカリーを使ってパンを焼いたり。

オーブンでクッキーなどの製菓を作る料理好き一般家庭の人たち。

もちろんパン屋さんとか、スイーツ屋さん。

これらのお客さんにアタックできれば。

どこを攻めるか?

広告