冬に彩りのいい野菜を収穫、栽培できるとすれば。飲食店では欲しい、使いやすいらしいですよ。

広告



冬に彩りのいい野菜があれば。

飲食店では重宝する、使いやすいらしいですよ。

 

冬場の野菜は、色が単一。

 

自分自身が野菜を栽培していて思っていたこと。

冬場の野菜は、色、彩りが単一。

白と緑がほとんど。

赤いのは人参くらいか。

 

ウチの野菜は、家庭だけでなく、飲食店でも使ってもらいたい。

 

ウチの野菜は、値段を高く設定している。

自分の儲けが欲しい、必要ということだけよりも。

農業の行く末。

 

農家が、仕事の対価として販売する作物と同等の報酬をもらえなければ。

仕事を継続していけない。

 

自分が考えて、実践している農業とは。

野菜を栽培、販売するだけの仕事ではないですから。

 

一般の野菜と比べて高いとはいっても、ほんの少しの価格差。

この差を、お客さんがウチの作物を食べて、どう感じてくれるか?

 

冬場には、赤い野菜が欲しい。

 

スーパーでは、赤い野菜。

冬でも代表的なトマトがあるけど。

ウチでは冬のトマトは栽培しない。

 

それ以外に赤い色、発色のいい野菜。

カブかダイコン。

それを狙って大根は、3種類のタネをまきました。

 

そして、これは赤いダイコン。

皮は赤くて、中は白い。

 

 

酢漬けにすると、全体が赤く染まりました。

 

この赤いダイコンは、育っても。

形がやたらと不揃いで、スが入りやすいらしい。

だから、そのままの形で使うよりもカットして漬け物用に。

 

塩漬けだと、色はそのままですが。

酢漬けにすると。

全体が赤く染まりました。

 

 

手前は大きめにカットして塩をふった状態。

奥がスライスして塩、酢漬け。

 

薄くスライスしすぎない。

歯ごたえが残るくらいの薄さがこのダイコン、野菜本来の持ち味。

ダイコンの味も感じられてオススメ調理法です。

広告