山ウドの施設栽培をやってみませんか?という話を近所の人からいただきました。

広告



ウドの施設栽培をやってみないか?との話。

 

近所の農家さんから、「ウドの施設栽培をやってみないか」という話が。

 

もともとここ城里町では。

軟白、軟化したウドの栽培が盛んだったらしい。

でも、今ではゼロ件、誰もやっていない。

誰もやらなくなった理由は、聞いていない。

 

高齢、老齢化やそれ以外に。

一過的にもっとお金になる作物栽培を奨励されたから。

これらは想像。

 

この話は、地域の特産品として、復活させたら!ということらしい。

 

栽培に必要な設備は。

  • ビニールハウス他保温資材。
  • 熱帯魚を飼うときに使う温度調整サーモ。
  • 温水を循環させるポンプ。
  • 温水を通す塩ビ管。
  • ウドの苗。

 

ビニールハウス以外には。

そんなにたいしたコストはかからないし。

そのビニールハウス自体も、そんなに大きくなくても始められるのだそう。

 

塩ビ管の中に温水を循環、通して、土中を暖める仕組み。

 

ウドの苗は。

花芽?を挿して使う。

 

 

近所に数本ウドの木があるのは、野生種だと思っていたけど。

栽培されていたウドの名残なのかな?

そして栽培するなら準備してくれて、自分でも調達はできる。

苗代もほとんどかからない。

 

栽培時期は、秋口から。

収穫は、年の暮れ頃の農閑期。

収穫できる作物も、作業的にも余裕がある時期。

 

暑い時期の路地栽培とは違い。

草とり、手間がそれほどかからない。

 

安定的な商用作物として、軟化ウドの栽培面白そう。

栽培が簡単なのか?というと。

簡単に栽培できる作物なんてないはず。

 

このウドの施設栽培を復活させること。

声がかかったのは、「たぶん、うまくできるよ」

何を、何の実績が評価されたのか?

近所の農家さんに、少し期待されたとすれば、とても光栄。

 

ウドは美味しい。好きだからやってみたい。

 

酢味噌和え。

ウドは美味しい。

そんなに食べる機会はないけど、好物の一つ。

美味しい、好きな作物を育てたい。

 

ビニールハウス内の有効活用。

 

そして、ウドの栽培が終わった頃に。

そのビニールハウスで、夏野菜の種まき、育苗にスイッチ。

ハウスの有効活用。

 

聞いた話の仕組み、現状理解。

塩ビ管の中に温水を通して、土中を暖める仕組み。

地温を安定的に上げる、キープできれば。

夏野菜の育苗をするにも多大なメリット。

 

農業の仲間と一緒にやれば?

 

地域の特産品としては、一人ではなく。

農業仲間と一緒に、広めて欲しいらしい。

 

でも、あまり大量にみんなで一斉に栽培をしても。

希少価値がなくなるのも困る。

販売、売り先、使い道を考えることも念頭に。

 

これから技術的なこと、過去の資料なども見せてもらう。

詳細を聞きに、教えてもらいに行きます。

 

軟化ウドの栽培やりたい人がいれば。

聞いた情報は、オープンにするつもり。

でも、地域の特産品としての栽培という位置付けでやるとすると。

情報開示、教える人、地域は限定するかも。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。