ハンマーナイフモアが畑に埋まる。さすがに今回は自力脱出はできず。近所の人が助けてくれた。

広告



ハンマーナイフモアが畑で身動きが取れなくなる。

 

 

今シーズン導入した機械、仲間。

ハンマーナイフモア。

平坦な土地の草を刈るには、最強の草刈り用の機械。

 

今回で、シーズン3回目の草刈り。

 

今年は雨の日が多く。

新しく借りたこの農地は、横に山からくる水の水路が流れている。

もともと田んぼ。

そこにはアカハライモリ、あかっぱら。

土地の一部、水路に近い箇所は湿地のよう。

 

諸々の状況、条件で、作業日として狙っていたのが本日。

 

草の伸び方と、雨がおさまる時期、自分のとれる時間。

作業効率を考えて、このタイミングで狙っていたのが本日。

ハンマーナイフモアでの草刈りを決行。

 

結果、機械の半分が畑に埋まりました。

 

想像していたよりも。

この土地のある一部分は、水分量が多い。

その場所をまず避けて作業。

注意していたつもりが、すぐに機械の身動きが取れなくなる。

 

ぬかるみから機械の脱出を試みてどれくらいの時間が経ったのか?

 

機械が埋もれた写真。

本当は、面白いから写真を撮りたかった。

現実的、時間の余裕がなく写真はない。

 

今日中に作業、草刈りを終わらせたいのと。

明日、台風が来るかもしれない。

 

脱出をしようと、タイヤにいろいろな物をかませてみたけど動かない。

機械をこのまま畑に放置する可能性も考え。

最悪の状況を考え、ブルーシートを用意。

 

泥に埋もれた100キロの重さ。

人力、自分だけ、ひとりではお手上げ。

畑にハマってから、どれくらいの時間が経ったのか?

もう、トラクターで引っ張るしかない。

 

近所の人が助けてくれました。

 

近くに住んでいる人が。

「今から行くよ!」

身動きが取れない状況を見て、声をかけてくれました。

 

動かしてきてくれた機械は、キャタピラー式の運搬機。

運搬機と、ハンマーナイフモアをロープでつないで。

脱出成功。

 

 

またハンマーナイフモア、機械が埋まる可能性。

草刈りの作業が終わるまで、運搬機は待機してもらいました。

急な土の坂で、入るのも出るのも難易度が高いこの畑。

帰りも運搬機で引っ張ってもらいました。

 

機械の出入りも難しく、イノシシが入ってくる畑。

 

初めて使うこの畑には、栽培テストとして。

まずは、えんぴつナスの苗を数十本植えた。

現在、今年初のえんぴつナスの実がなっているとはいえ、想像していたよりも畑に力がない。

簡単に機械の出入りもできず。

場所によって、土の状況、水分量が著しく違う。

おまけに、イノシシが川を渡って入ってきている。

この畑、難易度が高すぎてヤバイ。

 

帰りに機械が埋まったところを確認、見たら。

 

 

水がたまっている。

広告