畑の賃借。書いた手紙の返事が来た!5年後には、オリジナルのワインで乾杯したいね。

広告



畑を借りられませんか?書いていた手紙の返答が来ました。

 

畑の賃借依頼の手紙を書いた。そこの土地で、ワイン用ブドウの栽培をしたい。

 

書き置きしておいたでしょう?

 

畑を借りられるか?

書いた手紙の答えは、本人から直接ではなく。

近所の人からの伝言でした。

 

「書き置きしておいたでしょう?」

はい、手紙を以前、ポストに入れました。

 

畑を使っていいですか?の答えは。

OK、使っていいとのこと。

とりあえず、地主さんが、使うこと予定も、売るつもりもないらしい。

 

まあ、ここに住んでいない人。

あれだけ荒れている土地ならば。

耕作する意識や、活用するアイディアはないはず。

 

普通の人は、荒れた土地の現状を見れば、使える畑にする気は失せる。

まず、中には入れない。

 

5年後には、自家製、自然栽培のブドウでワインを作る。

 

果樹栽培に限らず、農地の賃借、最大の問題は。

土地を返してといわれること。

 

畑は、すぐに替えがあるものではなく育てていくもの。

数年使って土地、地域特性がわかる。

 

とりあえず使ってもいいけど。

もし返してもらう場合は、「1年前には、いいます。」

返してもらうかも?という前提での果樹栽培。

 

やるべきか?

少し迷う。

 

あの荒地を整備して。

獣害対策の柵を張り巡らせる。

ブドウを植えてからの栽培もうまくいくか?

植えてみなければわからない。

結実するまでには、数年かかる。

 

お金や時間を投入しても、土地を返すことになれば。

全部が終わる。

 

夢のブドウ栽培からのワイン作り。

 

自然栽培のぶどうからのワイン作り。

ワインを作るなら、有名な西洋品種だと凝り固まった考え。

これをほぐしてくれたのがこの本。

 

created by Rinker
¥1,760 (2020/09/25 21:47:24時点 Amazon調べ-詳細)

 

「発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ」を読んだら。甲州ぶどうの栽培、甲州でワインを作ってみたくなった。

 

少し迷っても、これはチャンス。

ポジティブに可能性だけの未来を描く。

問題、何かあったら、その時にどうするか考える。

 

すでに、3分の1はクリアした。

 

ブドウが、ワインが、できるまでには早くて、4年。

甲州ブドウの自然栽培からのワイン作り。

やることにします。

 

  1. 土地を借りられる。
  2. ブドウが結実する。
  3. ワインができる。

 

自分の頭の中でイメージはしていても。

現実的には自分の力ではどうにもならないこと。

少なくとも、他力の1つ目。

土地を借りること。

テーマの3分の1はクリアした。

広告