時代は昭和。30年前、中学生の私です。

広告



約30年前の自分の姿。

 

実家で見せられた一枚の写真。

お正月に撮った親戚との集合写真。

時代は昭和、約30年前。

 

その頃の私は、中学生。

 

 

かなり笑える。

 

自分自身でもこんな過去の姿を見るのは。

だから、30年ぶり。

 

夢は、なかった。

 

この頃の自分が、30年後の未来。

将来のことなんて、考えていなかった。

夢もなかった。

 

この頃出会った音楽が、今でも生活の一部。

生き方の指針、心の支えや自信を与えて続けてくれるのは確か。

 

そして、なんとなく自然への憧れみたいなものはあって。

その仕事が何かは、具体的にはわからなかったけど。

自然と関わることに興味は向いていた気がする。

 

子供の頃と、変わったことと。変わっていないこと自己分析。

 

見た目は、相当変わったらしい。

内面でいうと、メンタルはかなり、強く。

そんな強いフリが、できるようになった。

 

やりたいと思ったことは、手を出している。

でも、相変わらず、飽きっぽい。

状況的にも、切り捨てたものも多数。

 

やり足りないことが、まだたくさんある。

 

そして、今から30年後は。

 

親戚との集合写真を見ると。

その30年の月日。

すでに、この世にはいない人が多くいる。

 

これからの30年は。

自分がいない可能性が十分にある、残された時間。

そういう時間らしい。

広告