梅雨の合間の作業。ライ麦を収穫。

広告



今年2019年も、ライ麦の収穫ができました。

 

ライ麦の収穫量としては、ほんの少し。

 

収穫量が少しなのは、当たり前。

ライ麦栽培のハードルの一つがイノシシの獣害対策。

それができなかった昨年の収穫シーズン。

そして今シーズンの種まきの後の畑。

ばらまいたライ麦発芽。そしてイノシシにライ麦畑が荒らされる。

その後、ワイヤーメッシュ。イノシシ対策の防護柵を設置。

 

数年間のテーマ、その他の問題は未解決。

 

栽培ができても。

まだ、販売、商用としては無理。

まずは、タネの保存が主な目的での栽培。

 

数年間のテーマ、次の問題。

収穫、乾燥、脱穀。

タネをまく場所、土地の問題と機械化。

 

現段階では、ライ麦を手作業で収穫。

乾燥や保存する技術も確立できていない。

 

外に干せば、鳥に。

室内だと、ネズミや虫でダメになる。

 

今回は、収穫したばかりで脱穀する前の穂、の状態で。

 

 

お米用の貯蔵庫に入れておく作戦。

この保存方法でタネとして使えるのか?

もしかしたら全滅するかもしれない。

 

販売、機械化、収穫量のバランス。

 

麦は、大量に栽培しないと収穫量が足りない。

なんとなく、タネをまく土地は決めた。

そのあとは、機械化と売ること。

 

売ることと、機械化、収穫量のバランス。

このタイミングが合えば。

いつかこのライ麦で酸味の強いドイツパンを。

夢のライ麦パンが出来上がる。

広告



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。