ハーブ、ミントの食べ方。炒め物に入れるのがオススメ。

広告



ミントの食べ方、使い方。

 

ハーブで有名なミント。

 

使い道としては。

 

フレッシュなミントを。

ハーブティーや、炭酸水、モヒートなどの飲み物に。

トマトソースに。

乾燥させて、サシェ。

 

そして、今回のオススメの食べ方。

炒め物に使う。

 

フレッシュ、生の葉っぱは清涼感。

 

フレッシュなミントは清涼感が味わえる。

でも、実は個人的に好きではないのが、このミント。

清涼感はあっても、生の葉っぱの感じ、物足りなさ。

好きではないから、今まで食べたり、使ったりしなかったのだけど。

 

販売しているミント。

売れ残るのを自宅に引き上げる。

 

販売で、売れ残るのは仕方ない。

 

ほとんどは処分、捨てるのだけど。

商品の使い道。

個人的な好き嫌い、好みはあるとしても。

販売している以上は、美味しい使い方。

何か提案しなければいけない。

 

葉物野菜の代わりに、たくさん使う。

 

ミントで使うのは、葉の部分だけ。

茎から外す。

どうせ処分するはずのものだから。

ドサッとひとつかみ。

 

 

肉と一緒に炒めてみると。

思いのほか美味しい。

 

炒めるので、量は減る。

だから、葉っぱの食感としては残らない。

炒めるとハーブの香り。

ミントとはわからない独特な味が残る。

 

フレッシュミントが調味料。

醤油で軽く下味をつけた豚肉にミントを入れて。

炒めただけのシンプル調理。

「フレッシュミントの豚肉炒め」オススメです。

ぜひ試してみて。

広告