野菜を売るのと同時に。そこに面白さ、エンターテイメント性も加えたい。

広告



茨城県のフリーペーパー。「月間ぷらざ」

 

 

茨城県で配布されている「月間ぷらざ」。フリーペーパー。

今月7月号の記事には。

QR、キャッシュレス決済のページ。

 

説明を要約すると。

 

キャッシュレス決済とは、現金を使わない支払い方法のこと。

 

世界では、そのキャッシュレス決済がメインになりつつある。

経済産業省の算出した統計によると、2015年の時点で。

キャッシュレス化が進んでいる国では。

決済比率が40〜60%。

 

キャッシュレス化が進んでいる国では、約4年前で、決済比率が40〜60%。

 

まだ日本では。

田舎の生活だからかもしれない。

普及しているとは感じないキャッシュレス化。

 

キャッシュレス化をしたいと思っている自分。

実は、個人的にも買う側、売る側の両面で、まだ使っていない。

使う先、お店がないのと。

 

商品を売る側としても、各社あるもろもろの条件に対応できていない。

絞りきれていない、検討中。

野菜と畑につけてみたいのは。QRコードとPOP。

 

 

田舎での商売は、この先数年間は現金決済が続く。

 

最近友達になった中国の人。

20代。

数年ぶりに本国、中国に帰省するとキャッシュレス化が進んでいたとの話。

中国にいた当時、数年前は、ほぼ若者だけが使っていたスマホ決済。

親世代にも普及。

現金よりもスマホ決済しているとのこと。

 

なんで?って聞いたら。

「便利だから」だそうです。

 

野菜を売るのと同時に。そこに面白さ、エンターテイメント性も加えたい。

 

日本国内ではまだ各社。

統一されていないQR、スマホ決済。

 

とりあえず田舎での状況。

対面販売、直売。

お客さんの出入り、年齢層を考慮すると。

現金決済での商売をメインとする必要。

スマホを持っていない人たち、その世代を相手にする。

 

そこで商品、ウチの無肥料栽培、自然栽培の野菜を売るには。

商品として、いいものだから。

コレだけでは受けない。

 

野菜は、自家栽培している世代の人がほとんど。

その次の農業をやらない世代。

働きに出ている世代、年代のお客さんを狙うのもアリかもしれないけど。

当面は現金主義。

 

例えば、よくある野菜の無人販売。

野菜の代金、対価としてのお金を単純に缶に入れる作業。

その単純作業にエンターテイメント性を加えたい。

 

東京、三鷹の無人の古本屋さん。

ガチャガチャを使った支払いの仕組み。

このアイディアは天才的。

広告